ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Nakamura Emi エンジンに興味津々な理由

DATE:
  • ガジェット通信を≫


J-WAVE土曜17時からの番組「Mercedes-Benz MUSIC FACTORY」(ナビゲーター:グローバー)。7月16日のオンエアでは、NakamuraEmiさんをお迎えして、六本木のMercedes-Benz Connectionから生ライブをお届けしました!

ファンからの大声援で迎えられた彼女は、今年の1月にメジャーデビューしたばかりですが、「YAMABIKO」「使命」「スケボーマン」をはじめ、胸を打ちのめされるような歌詞が、多くの人々の共感を呼んでいます。11種の職業を経て33歳でデビューした、異色の経歴のシンガーソングライターです。

グローバー:このキャリアを振り返ってみていかがですか?
Nakamura:いろいろな職場で、たくさんの人と出会ったことが、今の私の音楽の土台となっています。本当に良かったと思います。変な退社もしてないです(笑)。
グローバー:その都度、良い人に恵まれたんですね! 歌を聴いていると、そういうのが伝わってきます。働いている人が刺さるワードがいろいろと出てくるんです。

当日は前の職場の方も駆けつけてきてくれたそうです。ちなみに会場にはMercedes-Benzの自動車が展示されています。NakamuraEmiさんは自動車メーカーのエンジン開発部で働いていたこともあるため、Mercedes-Benzのエンジンに興味津々。「エンジンがどっしりしていて素晴らしい!」と感動していました(笑)。

ちなみに、音楽的な影響を受けたのは、RHYMESTERとKARAMUSHIさんだそうです。RHYMESTERのリリックを読んで「こんなにさまざまなことを考えて、音楽にしている人がいるのか」と衝撃を受けたとか。KARAMUSHIさんは地元の厚木の中学の先輩でもあり、レゲエに関して影響を受けたそうです。

グローバー:歌詞に「なにくそ!」という精神がこもってて、涙してしまうものがたくさんありました。曲はどういう風に作ってますか?
Nakamura:歌詞を先に考えます。その日にあったことをノートに書いていきます。それが溜まっていって曲になります。
グローバー:フラストレーションがモチベーションになるという感じですね。
Nakamura:腹が立つのは何か問題があるときで、自分と向き合うことになって書くことが多いです。
グローバー:緊張感のあるサウンドですが、そのこだわりは?
Nakamura:私が作ったデモテープはあんな感じは一切なくて、四畳半みたいな感じなんです(笑)。プロデュースとギターを担当しているカワムラ(ヒロシ)さんがその「四畳半感」を、ヒップホップやジャズテイストにアレンジしてくれるんです。

ところで、歌詞に「30を過ぎて」といった内容がよく出てきます。そのことについても触れました。

Nakamura:30歳は大人だと思っていたけど、子どもからすれば大人だし、大先輩もいっぱいいて、まだ子どもなんだなと思って。その中間の自分は頑張っていかないといけないと思いまして。

ここで、「YAMABIKO」「使命」を生ライブでお届けしました。中には涙ぐんでいるお客さんの姿もありました。

グローバー:どういうお気持ちで作ったんですか?
Nakamura:「YAMABIKO」「使命」も、仕事で出会った人がいて、自分の仕事があって、それぞれの目標があって、そこに真っ直ぐ進むことがかっこいいと思いまして書いた曲です。
グローバー:きっと、デビュー前の期間が、この曲を作ったんでしょうね。
Nakamura:光栄です。

NakamuraEmiさんは「NIPPONNO ONNAWO UTAU BEST RELEASE TOUR LIVE!」のアナログ盤を発売したばかり。夏は「ROCK IN JAPAN FESTIVAL」「RISING SUN ROCK FESTIVAL」をはじめ、たくさんのライブ(フェス)に出演します。「ちょっとでも邪念が入ってしまうと噛んでしまって。何を言っているのかわからなくなるので、噛まないように気をつけます」と意気込みを話してくれました!

【関連サイト】
「Mercedes-Benz MUSIC FACTORY」オフィシャルサイト
http://www.j-wave.co.jp/original/musicfactory/

カテゴリー : エンタメ タグ :
J-WAVEニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP