ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

泡立ち重視で選ぶのはもう古い?自分にあった洗顔料でしっとり美肌へ

DATE:
  • ガジェット通信を≫


洗顔フォームや石鹸など、泡立ちが良いとなんだか良さそう…。なんて思い込んではいませんか?実は「泡立ちの良さ=肌に優しい」は、イコール関係ではないということについて、お話ししてみたいと思います!

泡立ちに対しての誤解

泡がモコモコに大きく膨れ上がる商品や、泡が手のひらから落ちないというような泡の強さに対して、注目が集まった時期がありました。

視覚的なイメージからしても泡立ちが良いと、何だかお肌に良さそうで、毛穴の汚れをしっかり取ってくれるのでは?と思い込みがちです。しかし泡立ちだけに意識を置くことで、考えられるデメリットについて見ていきましょう。

《泡立ちのよい洗顔のデメリット》
・泡立ちを良くするため、洗浄成分や発泡剤などがたくさん含まれている可能性がある
・洗浄成分が多いと脱脂力が強い
・洗い上がりが非常に乾燥してしまう

などの注意点があります。もちろん全ての商品に共通しているわけではありませんが、泡立ちを良くする反面、このような作用もあると考えてよいでしょう。

肌状態に合ったものをチョイス

アイテムの選び方について触れてみたいと思います。泡立ちに限らずですが一般消費者の方の傾向として、イメージや見た目で選ぶことが多いと感じます。

そこでオススメなのが、使ってみた使用感が「しっとり」であるということです。上記で触れたように、洗浄成分が多いと自分に必要な皮脂まで流れてしまい、乾燥肌に傾く場合があります。

誤解しやすい点として、ベタつくから洗浄力をあげたら良いのか?と思いがちですが、洗うことだけに集中するあまり保湿がおろそかになるのは気をつけたいところ。バランスを考えたスキンケアを心がけましょう。

最後に

モコモコとした泡は触り心地も良いですが、スキンケアの本質は「肌を綺麗にする」ということ。使用感だけの判断ではなく、実感を大切にされてみてくださいね♡

Photo by fotolia

関連記事リンク(外部サイト)

冷たいドリンクよりも「白湯」で痩せ体質に。巡りが良くなり脂肪燃焼!
大人あせもをアロマ精油で予防!植物の力でケアしながら安心リラックス
マリッジブルー?新鮮な恋への未練が経ち切れないなら・・・
リフトアップや痩せ見え効果も♡パーソナルカラーを味方にして、明るくキレイなお肌に
【決定版】5歳は老けて見えるクマを解消!多方面からアプローチするのがポイント

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
美LAB.の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。