ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

冷たいドリンクよりも「白湯」で痩せ体質に。巡りが良くなり脂肪燃焼!

DATE:
  • ガジェット通信を≫


みなさんこんにちは。トータルボディビューティーアドバイザーのKAORIです。冷たい飲み物や、冷たいアイスなどがとても美味しい季節になりましたね。しかし、冷たい飲み物や食べ物などで内臓が冷えきってしまい、内臓機能が低下してしまっているかもしれません。内臓機能が低下する事で、カラダを冷えから守ろうと脂肪がついてしまい血液循環も悪くなるので、巡りの悪いカラダになってしまいます。

白湯を飲んでカラダの巡りを良くしましょう

白湯の美容効果はとても高いのです。内臓の温度が1℃上がると基礎代謝が10%〜12%上がり、基礎代謝が上がると脂肪が燃焼されやすくなるので、痩せやすい体質になっていきます。そして、免疫力がアップ!


更には、内臓機能、血液循環が高まるので、巡りの良いカラダになり老廃物が排出されやすくなります。巡りが良くなる事で、デトックス、冷え性、便秘やむくみ、疲労回復などダイエット以外にも嬉しい効果がたくさん。

白湯は、沸騰させたお湯を冷ましたもの

白湯とは、お水を一度沸騰させ、カルキや不純物などをとばして、すすって飲める温度まで冷ましたお湯のことです。

一度沸騰させる事で、口当たりが柔らかく飲みやすくなります。飲むときはゆっくりすするように飲む事で、カラダの内側が温まるのを実感できると思います。

そして、朝飲むと内臓が温まり代謝が上がります。1日を活動的に過ごす事ができます。また、水筒に白湯を入れて常に飲めるように持ち歩くのもオススメです。

暑い季節だからこそ、カラダが冷えないようにしましょう

暑いとエアコンの効いた室内や、冷たいものを飲んだり食べたりしてしまうと思います。そして、室内外の温度差が大きくカラダにかかる負担は想像以上。カラダを冷やさない為にも、白湯を飲んで巡りの良いカラダづくりをしてみてください。

Photo by fotolia

関連記事リンク(外部サイト)

大人あせもをアロマ精油で予防!植物の力でケアしながら安心リラックス
マリッジブルー?新鮮な恋への未練が経ち切れないなら・・・
リフトアップや痩せ見え効果も♡パーソナルカラーを味方にして、明るくキレイなお肌に
【決定版】5歳は老けて見えるクマを解消!多方面からアプローチするのがポイント
アラフォーからの肝臓強化ダイエット!代謝アップ、肩こり腰痛改善に導く

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
美LAB.の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP