ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

内申書で良い点取るため授業で挙手し学級委員ポスト奪い合う

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 全国で高校入試に臨む中学3年生は全体の約9割(平成27年度学校基本調査を元に推計)。しかし、その入試の仕組みによって教育現場では奇妙な現象が起きている。育児・教育ジャーナリストのおおたとしまさ氏が解説する。

 * * *
 都内の公立中を卒業した男子生徒の母親がつぶやく。

「ウチの子はコツコツ勉強して定期テストの点は悪くなかったのに、寡黙なタイプで内申点が足りなく都立高を諦めざるを得なかった。こんな思いをするなら高校受験をしないほうが良いと思い、下の子は中高一貫校を目指しています」

 母親が怒りの矛先を向ける「内申書」。昔から「先生に逆らうと内申点が下がる」と言われるが、その影響力は今も絶大である。

 中学での成績評価を示す内申書は、定期テストの点数だけでなく、「関心・意欲・態度」「思考・判断」「技能・表現」「知識・理解」という4つの観点の評価が点数化され、高校入試において合否の判断材料となる。

 内申書の合否判定に占める割合は高校によって異なるが、東京都では3~4割程度。昔より比重が下がったとはいえ、受験結果を分ける大きな要因であり、学科試験のない推薦入試ではさらに大きなウェイトを占める。

 冒頭の母親が述べるように、内申書の最大の問題は、教師の主観が入ることだ。とくに「関心・意欲・態度」の評価は数値化が難しく、どうしても主観的な判断になってしまう。

 実際、定期テストの点数はそこそこだが、意外にも内申点が高かった娘を持つ父親は、「部活の顧問からの評価が高かった。先生の“さじ加減”って本当にあるんですね」と打ち明けた。

 それゆえ、内申書は目に見えないが、生徒の「心」を縛る絶対的な道具となる。実際、「規律の取れたいい学校」と評判の、都内にある公立中を訪れてみると、上から目線で高圧的な教師と、「長いものには巻かれろ」とばかりに大人しく振る舞う生徒が目立ち、私立育ちの私には大きな違和感があった。

 教育委員会は内申書について、「挙手の回数など印象的なものでなく、学習の内容や態度などを評価する」と主張するが、子供たちは「現実」を知っている。中学校の教室では生徒同士で「関心・意欲・態度が下がるぞ」などと冗談めかして言い合い、計算高い生徒は授業中に率先して手を挙げ、学級委員長や生徒会の役職を競って奪い合う。

 ある中学では、教師が「できるだけ多く漢字を書き取りましょう」と指示すると、用紙の裏までびっちりと同じ漢字を書いてアピールする生徒が続出した。もはや漢字を覚えることではなく、教師に好印象を与えることが勉強の目的となっているのだ。

 そうした“内申書選抜”の結果として、上位の公立高に合格するのはバランスのいい万能タイプばかりになる。よく「(家庭環境が様々な)公立は私立より個性豊か」などと言われるが、実態は逆で、近年は公立高の「没個性化」が目立つ。

 その一方、冒頭の男子中学生のように主要教科をコツコツと勉強するが自己アピールが苦手で大人しいタイプの生徒は割を食う。

 しかも東京都は今年度から「副教科」と呼ばれる技術家庭、体育、美術、音楽の内申点を2倍にした。偏差値偏重でなく、バランスのいい生徒を育てるためと都は言うが、実技科目は主要教科に比べて努力に応じた成果が出にくく、コツコツタイプの内申書はさらに分が悪くなった。

【Profile】おおたとしまさ●1973年東京都生まれ。麻布学園(中高)卒。東京外国語大学中退。上智大学英語学科卒。リクルートで雑誌編集に携わり、2005年に独立。育児・教育に関する執筆・講演活動を行う。『ルポ塾歴社会』(幻冬舎新書)ほか著書多数。

※SAPIO2016年8月号

【関連記事】
我が子へのいじめ モンペと言われても全力で守るべきと漫画家
大阪府立高教師 給料同じなら底辺高で不良ド突き回す方が楽
中学授業時間 3年で公立は3045時間、私立一貫校は3800時間

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP