体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

天空の城「ラピュタ」のモデルになったと言われる12の場所

天空の城「ラピュタ」のモデルになったと言われる12の場所

スタジオジブリの作品でも特に大人気な天空の城ラピュタ。空に浮かぶ、朽ちかけた城。昔から一人の番人に守られてきた庭。

ラピュタが大好きな人なら、一度はその世界に足を踏み入れてみたいと思うはず。

 

本当にラピュタを発見できれば、それに勝る喜びはありませんが、飛行機乗りでもない私たちは、ひとまずモデルとなったと噂される場所に行くので我慢しておきましょう。

まずは世界から有名どころを、そして、後半は国内でも噂のある場所をご紹介いたします。

※編集部追記
2015年8月に公開された記事に追記しました。

 

唯一公式に参考にしたと言われる「イギリス、ウェールズ地方」

http://sworldnews.com/wp-content/uploads/2012/09/jibuli-location_15.jpg

photo by sworldnews.com

まずは公式の場所を世界から。イギリスの古い城がならぶウェールズ。中でも、特にカーナボン城はディティス要塞のモデルと言われています。

ジブリが公式に、参考にしたというのは、数あるモデル候補の中でも、このウェールズ地方だけです。じっさい宮崎駿監督は取材旅行に来ているのだとか。

 

滅びの美学「イタリア、チヴィタ・ディ・バニョレージョ」

http://g.udn.com.tw/upfiles/B_HS/hsr123/PSN_PHOTO/823/f_12521823_1.jpg

photo by blog.udn.com

およそ2500年前に昔は普通の丘の上に作られた街であっただろう、チヴィタ・ディ・バニョレージョ。

長年の雨風の浸食により、街のあるてっぺんのみのこされて、まわりは削り取られ、今では300mもの長い橋で外界と行き来する陸の孤島となりました。

不便さから今では数家族しか住んでおらず、滅びゆく街、と入り口にもかかれています。

1 2次のページ
TABIPPO.NETの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。