ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

天空の城「ラピュタ」のモデルになったと言われる10の場所

DATE:
  • ガジェット通信を≫

スタジオジブリの作品でも特に大人気な天空の城ラピュタ。空に浮かぶ、朽ちかけた城。昔から一人の番人に守られてきた庭。

ラピュタが大好きな人なら、一度はその世界に足を踏み入れてみたいと思うはず。

 

本当にラピュタを発見できれば、それに勝る喜びはありませんが、飛行機乗りでもない私たちは、ひとまずモデルとなったと噂される場所に行くので我慢しておきましょう。

まずは世界から有名どころを、そして、後半は国内でも噂のある場所をご紹介いたします。

※編集部追記
2015年8月に公開された記事に新たに4ヶ所を追記しました。

 

1. 唯一公式に参考にしたと言われる「イギリス、ウェールズ地方」

photo by sworldnews.com

まずは公式の場所を世界から。イギリスの古い城がならぶウェールズ。中でも、特にカーナボン城はディティス要塞のモデルと言われています。

ジブリが公式に、参考にしたというのは、数あるモデル候補の中でも、このウェールズ地方だけです。じっさい宮崎駿監督は取材旅行に来ているのだとか。

 

2. 滅びの美学「イタリア、チヴィタ・ディ・バニョレージョ」

photo by blog.udn.com

およそ2500年前に昔は普通の丘の上に作られた街であっただろう、チヴィタ・ディ・バニョレージョ。

長年の雨風の浸食により、街のあるてっぺんのみのこされて、まわりは削り取られ、今では300mもの長い橋で外界と行き来する陸の孤島となりました。

不便さから今では数家族しか住んでおらず、滅びゆく街、と入り口にもかかれています。

 

3. 巨大樹の茂る廃墟「カンボジア、ベンメリア遺跡」

photo by 123rf.com

巨大樹の生えたラピュタを彷彿とさせるのが、カンボジア、アンコールワット内にあるベンメリア遺跡です。ここでは熱帯の大きな木が遺跡内で育ち、そのせいで遺跡の建物が崩壊してしまっている所もあります。

巨大樹に抱かれた建物もさることながら、レリーフに掘られた仏像がまるで巨神兵のようです。

 

4. 日本にもあった天空の城「竹田城」

photo by pixta

さて、ここからは日本国内にあるラピュタ候補を紹介していきましょう。数年前から話題である兵庫県の竹田城も、まさに天空の城。

山頂に作られた山城ですが、城の基礎部分のゴツゴツとした感じがまさに天空の城にふさわしい風貌となっています。雲が寄せたとき等、まさにラピュタです。

 

5. 自然が作り出す天空の城「瑞牆山」

photo by dekowalker.at.webry.info

日本100名山の1つである瑞牆山(みずかきやま)も、その風貌が天空の城ラピュタのようだという噂があるのはご存知でしょうか。

ラピュタはあくまでも人の手によって作られたものではありますが、こういう自然の風景がインスピレーションになることもありそうです。

 

6. かつての栄光の面影「滋賀県、土倉鉱山跡」

photo by fantasticdaily

明治時代以降の日本の発展を支えた多くの鉱山跡の廃墟もまるでラピュタの世界のようだと巷では密かに噂されています。

多くの鉱山跡は危険なため、立ち入りを禁止されていますが、滋賀県にある土倉鉱山跡は滋賀県の観光案内にも載り、時にはイベントも開催されるスポット。巨大なテラスのようなコンクリートの遺構がまるで城のよう。

 

7.熱帯雨林の中のお城「オーストラリア、パノレナパーク」

photo by shutterstock

ホセ・パノネラが自らの夢「お城の設計」を叶えるために、造られたパノレナパーク。彼は建築の知識がなかったにもかかわらず、設計から建築まですべて一人で成し遂げました。
熱帯雨林の中にあるパノレナパークは観光だけでなく、結婚式場としても有名です。

 

8.世界一美しい廃墟「スロバキア、スピシュ城」

photo by shutterstock

スピシュ城(スピシュスキー城)は、12世紀に建築されました。現在では、世界で一番美しい廃墟と言われ世界遺産に登録されています。城を見上げる景色も美しいですが、城から城下町を見下ろす景色もとても美しいのでオススメです。

 

9.戦いの傷あと残る「シリア、クラック・デ・シュヴァリエ」

photo by shutterstock

クラック・デ・シュヴァリエは1031年に建設され、1144年に大規模な工事が行われ今の様な形になりました。戦争の真っただ中、攻撃をしようとした英雄サラディンは、この城があまりにも美しすぎたため攻撃をあきらめたと言われています。

2006年には世界遺産に登録され、現在は危機遺産リストにも登録されています。

 

10.天空の遺跡「ペールー、マチュピチュ」

photo by shutterstock

標高2430mにあるマチュピチュ遺跡は16世紀半に栄え、人々は次第に山の奥へと生活を移しました。その後400年の間、人の目に触れることなく放置されていました。今でも多くの謎が解明されていない、古代インカ帝国の遺跡です。

 

まとめ

ラピュタのモデルと称される場所はたくさんあり、有名どころでは、皆の憧れの観光地であるモンサンミッシェルなども含まれます。

ですが、日本にもラピュタを彷彿とさせる場所はたくさんあるのです。宮崎駿氏が一体どこでインスピレーションを得たのか、是非とも知りたいところですね。

関連記事リンク(外部サイト)

日本国内にある「ジブリ作品のモデル地」と言われている場所をまとめました
群馬県の四万温泉にある温泉宿「積善館」が千と千尋の神隠しのモデルみたい
ジブリ映画「魔女の宅急便」の舞台となった世界中の美しいスポット8ヶ所まとめ
トトロに会える絶景も!山形県に行ったら訪れたい絶景6選

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABIPPO.NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP