ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Moto Z / Z Force Droid Editionの開封映像

DATE:
  • ガジェット通信を≫

米 Verizon が先週 14 日に Motorola の最新フラッグシップ「Moto Z」「Moto Z Force」の Droid Edition を発表したことで、同日には多くの米国サイトで両モデルの開封映像やレビュー記事を公開していました。Droid Edition の発売日や価格はまだ公開されていませんが、実物や製品 BOX の写真や動画が多数のサイトで公開されているので、どのような外観なのかを確認することができます。といっても、Droid Edition のハードウェアそのものは既に発表された「Moto Z」「Moto Z Force」と共通しているので、基本的な外観やスペックはグローバルモデルと同じです。Moto Z Droid Edition は、5.5 インチ 2,560 x 1,440 ピクセルの AMOLED ディスプレイ、Snapdragon 820 クアッドコアプロセッサ、4GB RAM、32GB / 64GB ROM、背面に 1,300 万画素カメラ、2,600mAh バッテリーを搭載しています。また、Moto Z Force Droid Edition は、Moto Z Droid Edition のスペック強化版で、リアカメラは 2,100 万画素にアップグレードされ、バッテリー容量は 3,500mAh に増加しています。どちらも 3.5mm オーディオジャックを搭載せず、イヤホンの利用やバッテリーの充電、PC とのデータ転送などは全て USB Type-C コネクタ経由で行います、製品パッケージには 3.5mm オーディオジャックと USB Type-C の変換アダプタが同梱されています。Moto Z シリーズの特徴は MotoMods と呼ばれる拡張パーツで機能を強化できる点です。MotoMods の多くは別売で提供されますが、Droid Edition には Style Mod と呼ばれるバックカバーが同梱します。さらに、Moto Z Droid Edition には Turbo Power 15 チャージャーが、Moto Z Force Droid Edition には Turbo Power 30 チャージャーが同梱します。Source : 9to5Google

■関連記事
HTC製Nexus「Sailfish」「Marlin」のハイクオリティな3Dモデル動画
Galaxy Note 7は発表と同時に予約も開始?
Pokémon Go、欧州26カ国で新たに配信

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。