ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

外国人イラストレーターが描いた東京の“古い建物”がノスタルジックでステキ♡

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ポーランド出身のイラストレーターMateusz Urbanowiczさんは、東京の古い店を描いたイラストシリーズを発表しています。

実在の建物を独特のタッチで表現

3年前に東京へ引っ越して散歩をしたとき、古い建物が多くてびっくりしたというMateuszさん。

収集した参考写真から数枚を選び、古い東京の店のイラストシリーズを作りました。

細部まで描き上げた描写力と水彩タッチの淡いカラーリングがなんとも印象的で、見ているとなんだかノスタルジックな気分に。

描かれている建物はすべて実在するもの。

あなたが見覚えのある建物もあるかもしれません。

実はスゴい人

素晴らしい作品を発表しているMateuszさん。

実は2015年に公開された岩井俊二監督の劇場アニメ 「花とアリス殺人事件」の背景画なども手掛けるスゴい人なんです。

古き良き日本の魅力を独自のタッチで表現する素晴らしいイラストレーション。

これからもMateuszさんの活躍からは目が離せません。

Mateusz Urbanowicz
http://mateuszurbanowicz.com/tokyo-storefront-illustration-series

イラスト(まとめ)

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ISUTAの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP