ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

iPhoneで本格的なストロボを使った写真撮影が!

DATE:
  • ガジェット通信を≫


ここ数年で格段に向上したiPhoneのカメラ機能。しかし、暗い場所では明るさが足りなかったり、写真にノイズが発生したりということもしばしば。標準のフラッシュに物足りなさを感じている人も多いのではないでしょうか。

【もっと大きな画像や図表を見る】

そんなiPhoneのフラッシュ撮影をグレードアップしてくれるアイテムが『Tric』。一眼レフカメラなどで使われる外付けストロボを、iPhoneで使えるようにする無線コントローラーです。

iPhoneに専用アプリをダウンロードし、外付けストロボを接続した『Tric』とiPhoneをBluetoothでペアリングすれば準備が完了。専用アプリを使って撮影を行えば、外付けストロボが発光します。iPhone標準のフラッシュでは1点に強い光が集中しがちですが、外付けストロボならより明るく広範囲を照らすことができるため、柔らかい印象の写真を撮ることが可能になります。

iPhoneとストロボを離れた場所に置くこともできるため、自由なライティングが可能になるのも嬉しいポイント。ストロボを被写体に向けて存在感を強調するだけでなく、天井に向けて部屋全体を明るくしたり、逆光で暗くなる箇所にピンポイントで光を当てたりと、iPhoneだけでは撮影が難しい写真もバッチリです。

撮影後はiPhoneからそのままSNSにアップすれば、「これiPhoneで撮ったの!?」とビックリされること間違いなし。ひと味違う写真に「いいね!」の数も増えるかも?

(井上マサキ)『Tric』(Tricflash.com/価格:5900円)

(R25編集部)

iPhoneで本格的なストロボを使った写真撮影が!はコチラ

※コラムの内容は、R25から一部抜粋したものです
※一部のコラムを除き、R25では図・表・写真付きのコラムを掲載しております

関連記事リンク(外部サイト)

SMAPが歌番組を辞退 ファン「理由が納得できない」
7月18日(月)プロ野球レギュラーシーズン再開!“鯉”と“鷹”の勢いを止められるか?
7月18日(月)「明星 銀座デリー監修 コルマカレーラーメン」新発売
「ミスターは向かい合って話す」解説者面白エピソード
飲み会で上司がするメンドくさい話題1位は?

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
R25の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。