ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ウカスカジー、ツアーファイナルにふなっしー登場

DATE:
  • ガジェット通信を≫

2年ぶりとなるニューアルバム『Tシャツと私たち』を7月13日に発売したMr.Children桜井和寿とラッパーのGAKU-MCによるユニット、ウカスカジーが7月16日(土)に豊洲PITにて『ウカスカジー はじめてのツアー HAPPY HOUR 追加公演〜NEW ALBUM Release Party “おめでたい私たち”〜』を開催した。

本公演はアルバムリリース前に『ウカスカジー はじめてのツアー HAPPY HOUR』と題した、ZEPP規模の全国ツアーを5ヶ所で開催。その追加公演として発表されたツアーファイナルであり、今週発売したばかりのアルバム『Tシャツと私たち』リリースパーティであり、ウカスカジーが所属するMIFA運営のグランドMIFA Football Parkの2周年をお祝いする、おめでたいイベント。

前半戦、DJダイノジによるハッピーDJ&ダンスタイムによる白熱したパフォーマンスに会場の熱気は増し、その熱気が上りきったステージに満を持してウカスカジーが登場。彼らの代表曲でありサッカー日本代表公式応援ソング「勝利の笑みを 君と」、「春の歌」、「mi-chi」、今週発売になったばかりのアルバム『Tシャツと私たち』からは、ファンから音源化を熱望されていた人気曲「Anniversary」、ウカスカジー2人の発案からお笑いコンビの阿佐ヶ谷姉妹が出演しているMVも話題のハッピーウェディングソング「Celebration」、“みんなで一緒に振り付け踊って遊ぼう”をテーマにDJダイノジが振り付けを担当した新曲「HAPPY HOUR」、そして本日は、ロックとラップの融合の元祖であり、GAKU-MCが敬愛するRUN-DMCとエアロスミスの歴史的名曲「Walk This Way」の日本詞カバーも披露。

アンコールではMIFAの公式キャラクターミファンダによる「ミファンダえかきうた」の独唱、さらにウカスカジー、BAND AMIGO、ミファンダ、DJダイノジのオールラインナップでのパフォーマンスになった新曲「前を向け!」では、ミファンダの大先輩としてなんと、ふなっしー先輩がステージに登場し、ミファンダのステージデビューのお祝いにかけつけた。パフォーマンス後にはイリュージョン(梨汁補給)も披露し、ツアータイトル『HAPPY HOUR』にふさわしい、たくさんの笑顔と大歓声の中で幕を閉じた。

【セットリスト】

1.勝利の笑みを 君と 

2.手を出すな! 

3.サンシャインエブリデイ 

4.握手 

5.Anniversary 

6.Walk This Way(カバー) 

7.Celebration 

8.晴男伝説 

9.雨のち晴れ 

10.HAPPY HOUR 

11.My Home 

12.春の歌 

13.縁 JOY AMIGO 

14.mi-chi 

EN1.ミファンダえかきうた 

EN2.昨日のNo, 明日のYes 

EN3.前を向け! 

EN4.Tシャツと私たち

photo by 樋口 涼

【ライブオンエア情報】

8月20日(土) 21:00〜 http://www.bs-sptv.com/program/2339/

BSスカパー! で、そのニューアルバム「Tシャツと私たち」発売で更に盛り上がる追加公演でありツアーファイナルとなる7月16日(土)開催の豊洲PIT公演の模様を独占放送。


カテゴリー : エンタメ タグ :
OKMusicの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP