ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

夏はすぐそこ!今すぐお金をかけずに始められる、 痩せ習慣5つ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

「ダイエットを頑張っているのに、なかなか痩せない・・・」。あるいは、一度痩せたとしてもリバウンドを繰り返すのが悩みの種、という人もいるかもしれませんね。

ダイエット成功のコツは、痩せる習慣を身につけること! 日常生活のなかで、無理せず始められる痩せ習慣をお伝えします。

■あわせて読みたい
【簡単レシピ】茹でて混ぜるだけ!ダイエットにもおすすめの「麦のサラダ」
お部屋を片づけると痩せるってホント?ダイエットと片づけの意外な関係

その1:睡眠時間をきちんと確保する

寝不足のときには、食欲増進ホルモン「グレリン」が増加するのに対し、痩せホルモン「レプチン」が減少することが分かっています。このせいもあり、睡眠不足のときはジャンクフードに走りやすくなってしまうのだとか。意識したいのは、きちんと睡眠時間を確保すること。たったこれだけで、食欲を抑制することができます。

その2:「ながら食べ」をやめる

スマホを見ながら、あるいは仕事をしながら・・・といった「ながら食べ」はダイエットの敵です。無意識のうちにダラダラたくさん食べてしまうことがあるほか、早食いが習慣化すると太りやすい体になってしまうというデメリットも。「ながら食べ」には気をつけたいものです。

その3:コーヒーを飲むときは、隠れカロリーに注意!

気分転換に最適なコーヒーは、集中力を高めてくれたり、リラックス効果があることが知られていますよね。生活習慣病予防にもよいとされていますが、これはブラックで飲んだときの話。キャラメルシロップや生クリームなどをトッピングしてはカロリー過多に!

その4:食事の際のお皿は大きいものをチョイス

人間は視覚に左右されやすい生き物です。小鉢に入ったサラダよりも、大きなプレートに盛り付けられたサラダの方が視覚的な満足度が高いように感じませんか? 大きなお皿で食事した場合と、小さなお皿で食事した場合を比較した際、大きなお皿で食べると視覚的な満足度がアップするせいか、摂取カロリーが減るそうですよ。

その5:エレベーターではなく「階段」を意識する

オフィスワークだと運動不足になりがちです。出勤やお出かけの際に、階段を使わずにエレベーターやエスカレーターばかり利用している人は、階段を使う習慣をつけましょう。階段を使った場合、通勤時の消費カロリーの倍以上のカロリーを消費することができます。

今回ご紹介した方法は、どれもすぐに改善できることばかり。実行に移すのが難しいところではありますが、習慣化すれば確実にスリムダウンできるはずです。ジムやエステに通う手間とかかる費用を考えたら、ずいぶんお得な気がしませんか?

[Health.com]
[coffee.ajca.or.jp]
[club.panasonic.jp]
[All photos by Shutterstock.com]

■あわせて読みたい
【簡単レシピ】茹でて混ぜるだけ!ダイエットにもおすすめの「麦のサラダ」
お部屋を片づけると痩せるってホント?ダイエットと片づけの意外な関係

関連記事リンク(外部サイト)

【日光】リピートせずにはいられない!女子会にもぴったりな「あさやホテル」
まさか◯◯のCMだったなんて!衝撃のクオリティに隠された秘密とは?
天草で体験する大人の癒し!心も体もきれいにしてくれる感動ホテル

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABIZINEの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP