ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

浅草に「テント泊」できるゲストハウスがあった!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

浅草に「テント泊」できるゲストハウスがあった!
J-WAVEの土曜12時からの番組「SEASONS」(ナビゲーター:マリエ)のワンコーナー「MITSUI FUDOSAN COME ACROSS TOKYO」。7月16日のオンエアでは、“お店の中でアウトドアを体験する”ゲストハウス 「ジャポニカ ロッジ」を紹介しました。

場所は、東武浅草駅の目の前で、すぐ近くにスカイツリーという、浅草の雰囲気がたっぷり感じられるところにあります。“アウトドアを体験するお店”とはどういうことなのでしょうか?「ジャポニカ ロッジ」を運営する、観光創造ラボの赤穂雄磨さんにお話をお聞きしました。

「日本のアンテナショップと謳わせていただいておりまして、さまざまな機能を複合的にお店の中に詰め込んでおります」(赤穂さん)

たとえば、日本のアウトドア専門のメーカー用品(主に登山用)、日本茶、それを提供する日本茶カフェ、茶器・伝統工芸品を販売されています。さらに、「ジャポニカ ロッジ」では、アウトドア用品を使い、店内にてお試しで宿泊できるようになっているのです。

お店の中を見て回ったマリエは、張られているテントの種類の多さに驚いたよう。

「特に登山用のテントや寝袋はすごく高価なイメージがありますよね。私もキャンプをこれから始めたいという者なので…しかも形から入るタイプなので(笑)、良いものが欲しいって思うんですけど、こうやって試すことができるのってすごく嬉しいですよね」(マリエ)

宿泊費用は、季節によって変動するそうですが、基本的には 2,500円。しかしなんと、宿泊したテントもしくは、寝袋の購入を決めると、宿泊費が0円になるそうです!

「素晴らしい…。だって、その辺のカプセルホテルとかもそれくらいの値段でしょ? そしたら使い方によっては、とってもお得に東京に泊まることができるってことにもなりますよね」(マリエ)

屋内キャンプ場型のゲストハウスでありながら、使用したテントや寝袋を気に入ったら購入でき、さらには日本茶などの日本の伝統文化も楽しめるという、「ジャポニカ ロッジ」。アウトドア好きの方にオススメなことはもちろん、浅草に出かけたときに一度立ち寄ってみたいお店です♪

【関連サイト】
「SEASONS」オフィシャルサイト
http://www.j-wave.co.jp/original/seasons/

カテゴリー : エンタメ タグ :
J-WAVEニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。