ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

高島礼子は2018年以降に離婚すべき 人気占い師助言

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 西洋占星術とタロットカードを使った独自の占いで人気の占い師・キャメレオン竹田が、旬な有名人の未来を予測するシリーズ「“きゃって”に占い」。今回は、夫である高知東生容疑者が覚せい剤取締法違反で逮捕された、女優・高島礼子を占ってもらった。

【プロフィール】
高島礼子
たかしまれいこ
生年月日:1964年7月25日 51歳
出生地:神奈川県横浜市

 OL、アマチュアレーサー、レースクイーンなどを経て、25歳から本格的に女優デビュー。1999年に高知東生と結婚。高知は高島の父の介護に専念するという理由で、2015年に芸能界を引退した。しかし、2016年6月24日、高知は横浜市内のホテルで4gもの覚せい剤を所持していたとして、ホステスの女性とともに逮捕された。

 * * *
──今回は夫である高知東生容疑者が、覚せい剤取締法違反の容疑で逮捕されてしまった、女優の高島礼子さんについて占っていただきたいと思います。まず、高島さんは、ホロスコープ的に見て、どんな人物なのでしょうか?

竹田:高島さんは、ほぼほぼ満月生まれで、特殊な才能を持っている人物です。その人の人生を表す太陽の星座は獅子座で、表現力が高いという特徴があります。一方、人付き合いの面では、ものすごく自立しています。夫婦間でも、あんまりベッタリはしないでしょうね。パートナーを信頼して、干渉せずに放っておく、というか。

──なるほど、だから高知容疑者が…。

竹田:夫婦間のコミュニケーションがある程度保てていれば、それ以上は立ち入らないというか。相手を疑ってかかるようなことはないんですよね。それこそ、夫の携帯を盗み見て、裏で何をしているのか調べたりなんかはしない。

──ヘンな話、高知容疑者にしてみれば、裏で悪さをするには都合がいい妻だったということですね。

竹田:そうなっちゃいますね。しかも、高知容疑者はホロスコープ的に見ると、すごく自分に甘くて誘惑に弱いタイプで、1回何かにハマると歯止めが効かなくなっちゃう傾向がある。そして、恋愛中は女性に対して厳しいけど、結婚すると奥さんにすごく優しくなるというタイプです。

──なんというか、夫婦関係は決して悪いわけではなかったような感じでしょうか?

竹田:そうですね。少なくとも一見するだけでは、いい夫婦に見えたと思います。もしかしたら、高島さんのほうは本当に夫婦間が上手くいっていたと思っていたかもしれないですね。

──今後、離婚するのではないかという話もありますが、どうでしょうか?

竹田:高島さんの星回りを観たところでは、今はまだ離婚の時期ではなさそうです。実は、2018年くらいから、「刷新する」という意味を持つ天王星が、パートナーを表す天体と90度という刺激的な角度の配置になってくるんですよ。高知容疑者の星回りも2018年から同様の配置になっていきます。つまり、2018年以降、「夫婦関係を刷新する」という星の配置になってくるので、離婚のベストなタイミングはそこですね。

──今すぐ離婚するべきではない?

竹田:はい。星的には、今は離婚の時期ではありません。なので、ひとまず高知容疑者が更正するように夫婦で協力するということがいいかもしれないですね。

──ちなみに、高知容疑者は誘惑に弱いタイプとのことですが、更正は可能なのでしょうか?

竹田:そう簡単ではないと思います。仮に高島さんの協力のもと、更正できたとしても、2025年あたりに大きな誘惑の波が訪れそうですね。ここでまた悪い方向へ行ってしまいかねないです。高知容疑者は寂しくなってくると、何か良からぬ方向に進んでしまう傾向があるんですよね。なので、この時期に孤独を感じていたりすると危ないかもしれないです。

──そして、夫が逮捕されたことで、高島さんの仕事への影響も取り沙汰されていますが、今後の仕事運はどうでしょうか?

竹田:良くなっていくと思います。特に2016年の秋以降は、仕事運が上がりますね。事件の影響はあるかと思いますが、仕事のほうはこれまで通り続けていけば問題ないと思います。

 * * *
 夫の逮捕で離婚も仕方ないと言われている高島礼子だが、ホロスコープ的には今はその時期ではなく、2018年以降がベストなタイミングだという。2018年までに高知が更正できればいいのだが、果たして…。

【プロフィール】
キャメレオン竹田/占術は西洋占星術とタロットカードで現在の鑑定予約は困難。テレビ・ラジオ出演、雑誌など複数のメディアで活躍する傍ら、インターネットでは、占星術・タロットや開運法を教える「キャメサロン」を運営。会員制ながら人気が集まり、人数制限をかけるほどの大盛況サイトとなっている。
キャメサロン:https://synapse.am/contents/monthly/chamereontakeda
離婚するなら2018年以降がベスト?
【関連記事】
高橋克也容疑者 麻原への強い信仰心背後に菊地直子との別れ
ASKA逮捕で芋づる式か 元プロ野球選手や有名歌手も戦々恐々
高島礼子は離婚すべきか? 和田アキ子や直木賞作家妻の意見

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。