ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

秀吉役の小日向文世 3度目夫婦役の鈴木京香との共演を述懐

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 堺雅人主演、豪華キャストによる名演技と、三谷幸喜の脚本で人気のNHK大河ドラマ『真田丸』。7、8月放送は、豊臣秀吉の死にゆくさまが見どころのひとつ。撮影を終えた秀吉役の小日向文世(62才)に、自らの役柄や共演者について語ってもらった。

――秀吉は有名な戦国武将で、いろんな俳優が演じています。小日向さんが影響を受けた秀吉像は誰?

小日向:ぼくの知ってる秀吉は、11才のときに見た、緒方拳さんが演じた『太閤記』(NHK)。あとは、映画『清州会議』で演じた大泉洋くん。意外に見てないんです。19年間劇団にて、その間はテレビをほとんど見ていないので、当たり役と言われた竹中直人さんの秀吉も見てないんですよね。逆に、見てなかったからよかったのかな、プレッシャーに押しつぶされず。

 緒方拳さんが演じた死ぬ間際の秀吉が、ぼくの中では強く印象に最後に残ってただけ。あとはそれほど予備知識がなかったので、三谷さんが書いてきた秀吉像を想像しながら演じました。

――三谷さんの秀吉像とは?

小日向:えっ、こんな極端に? と驚くほど、喜怒哀楽がはっきりしている。それに子供のような無邪気さ。その無邪気な部分から、一気に怒り側に行く落差が、視聴者にはものすごく大きく感じたのかもしれないです。

 演じていて、ちょっと不安だったんですよ。大河ドラマで、こんなにはしゃいじゃっていいのかなって。でも15話で三谷さんに「イメージ通りです」と言われて、安心できました。

――15話のどの部分?

小日向:カルタのシーン。茶々と目配せをしあう立花権三に対して睨みつける、あそこを怖くしてくださいって言われました。寧(ねい・鈴木京香)に対して無邪気な秀吉、一方で恐ろしいくらい嫉妬で狂う秀吉。その間の、政治的な部分での冷静さもあって、その大きな3つを意識しました。

――寧と茶々(竹内結子)に対する、秀吉の思いはどうだったと思う?

小日向:最期を看取ってくれる寧は素敵だと思います。散々側室をいっぱい作って、娘みたいな茶々を側室にして、子供を作っちゃったのに。秀吉の子かわかりませんけどね(笑い)。だって、それまで10何人も側室がいて、寧とも子供ができなかったのに、何で急に、あやしいなと(笑い)。

 秀吉は淋しかったんじゃないかな。どのくらい茶々が秀吉のためにしてくれたのか、想像しかないけど。でも、秀頼ができたということが何よりも嬉しかったって、寧もわかってくれてるんじゃないかな。最期は、寧と茶々という、性格が違うこの二人が、形とはいえ寄り添ってくれたというのは、嬉しかったんじゃないかな。

――鈴木さんと竹内さんに対する、小日向さんの思いは?

小日向:ぼく的には、鈴木さんと竹内さんに対しては、ありがとうございますって言いたいくらい。本当に綺麗なんですもん。よく、写真をこっそり撮りました。死の間際に下からとか(笑い)。

 京香さんは夫婦役3回目なんです。いつも素敵だと思っているんですけど、今回の寧は、本当に似合ってましたね。もっと秀吉と寧の仲の良いシーンが欲しかったです。
 

 さっき竹内さんと会ったんですけど、改めて、やっぱり綺麗だなと思いました。今日は茶々が源次郎(堺雅人)の手に触るシーンを撮るんですよね。それがちょっとムカッてきています(笑い)。

――茶々が気に入っている源次郎に対しては、どんな思い?
 
小日向:年が離れてるからしょうがないと、どこかでわかってると思う。そりゃ源次郎の方が若くてカッコイイもん。あんな若い娘が、こんなじいさんのところ来るわけない。

 でも我慢できないから、なんとしても自分のものにしちゃうわけでしょ。誰も止められないってわかってるし。おまえ源次郎のこと好きなんだろうけど、俺んとこ来いって(笑い)。自分の子を何とかして宿したいという思いも強かっただろうしね。

――秀吉の撮影をしながら、別のドラマも同時進行でしたね。

小日向:楽しかったです。休みの日は、次の台本を読んで台詞を頭に入れて、そのシーンを想像する。俳優の仕事2つやっていましたけど、苦じゃないです。休みが1週間あったら旅行に行くと言う役者が多いんですけど、ぼくはそっちじゃないんです。

 本当は滅多に出てこない俳優はかっこいいと思うんですよ。でも、役をもらって演じるのが、ぼくの唯一の生きがいみたいなもの。出演が終わるとやることがないので、ぼくにとっては苦痛なんですよね。

 ただ、秀吉というインパクトのある役をやっていながら、他の作品をやるのを、『真田丸』ファンはどう思うのかなって。何で他のドラマに出るんだって思うんじゃないのかって、心配しました。

――小日向さんにとって、秀吉が家康を意識するように、メラメラくるような俳優は?

小日向:自分にないものがみなさんあるから、それは悔しいですよね。たとえば、堺雅人くんの知的な台詞回しとか、内野聖陽くんの独特な役作りとか、山本耕史くんや草刈正雄さんの格好よさとか、大泉洋くんのエンターティナーとか。

 26話の仮装大会で瓜売りをして、その時に草刈さんと同じ格好をするんですけど、あまりの違いに、写真を撮らせてもらいました。何やってもかっこいいんですよね、草刈さん(笑い)。

 女優さんは、鈴木さんも竹内さんも綺麗だなという目で見ちゃうんですけど。男優たちには、自分にないものを探しちゃいますね。

――そのときに、ふりまわされないで、ご自身なりに勝負をしようと思う?

小日向:結局、ぼくはぼくなので。草刈さんのようにもなれないし、ぼくの個性というのを生かすには、ぼくが面白がって夢中で演じること。だから今回の秀吉は、最初から本を読んで面白いなと思いながら演じ続ける事ができたので、良かったなと思います。3か月、あっという間でした。

【小日向文世(こひなた・ふみよ)】
1954年1月23日生まれ。北海道出身。東京写真専門学校を卒業後、1977年にオンシアター自由劇場に入団。1996年に同劇団解散後は映像にも活動の場を広げ、2001年放送の『HERO』(フジテレビ系)末次事務官役で注目される。『グ・ラ・メ!〜総理の料理番〜』(テレビ朝日、2016年7月22日放送スタート)、映画『サバイバルファミリー』(2017年公開)などに出演予定。

◇NHK大河ドラマ『真田丸』
毎週日曜、NHK総合20時、BSプレミアム18時放送。後世に真田幸村の名で「日本一の兵(ひのもといちのつわもの)」と評されることになる、真田信繁の成長物語。三谷幸喜脚本。

【関連記事】
変節漢といわれてきた藤堂高虎像を覆した本格歴史小説文庫版
「真田丸」秀吉役の小日向文世「目の奥が笑わない芝居」を語る
『軍師官兵衛』の岡田准一に柴田恭兵が「好きなようにやれ」

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP