ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

今夏の土用は7/19~8/6 滋養のあるもの摂り身辺整理を

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 夏の土用にはどんな意味があるのでしょうか。実は知っているようで知らないですよね。ユミリーこと風水専門家・直居由美里さんに、土用の意味や過ごし方を聞きました。

 * * *
 今年の土用の丑の日は、7月30日。スーパーやコンビニでの告知で、うなぎを食べたくなる人が多いでしょうが、土用の丑の背景には風水が深くかかわっています。

 陰陽五行は季節に対応します。春が木、夏が火、秋が金、冬が水。そして季節の変わり目が土です。だから土用は年に4回あります。この7月の土用は夏から秋への変わり目です。

 これから夏本番なのに、季節が変わるのが実感できないでしょうが、これから起こる兆しを早めにキャッチし対策を立てるのが開運の基本です。地上では暑い日が続いても、天の気は土用の期間に変化が始まっているのです。

 そして風水では、冬から春、夏から秋への変化を重視します。冬から春に変わる日は立春で、前日が節分です。節分は陰から陽へと「気」が変わるタイミングですから、運気の拡大を願って豆をまいたり、恵方巻を食べます。暗く厳しい冬が終わり、生命力あふれる春を迎える喜びが背景にあります。

 反対に8月7日の立秋を境に、陽が徐々に失われ陰が強くなっていきます。地上では暑い日が続くので、秋の気配は感じられなくても、着実に日は短くなり、日没時間が早くなります。

 いつまでも陽の時間が続くと思い込んで調子に乗っている人は、足をすくわれます。そして、季節の変わり目で体調を崩して、いざという時に踏ん張れず、そこから運気が低迷することもあります。

 土用の期間は約18日間で、今年の夏の土用は7月19日から8月6日まで。丑の日は12日に1回巡って来て、年によっては2回あることもありますが、今年は7月30日の1日だけです。

 土用の丑の日にうなぎを食べる習慣は、江戸時代に平賀源内が考案したという説がありますが、季節の変わり目で体調を崩しやすい時期に栄養価の高いうなぎを食べることは理にかなっています。

 うなぎ以外にも、丑の日にちなんで「う」のつく安くて夏バテに効く食べ物を摂るといいとされています。うどんはのどごしがよく、食欲がない時でも食べられますし、梅干しはクエン酸に疲労回復効果があります。

 ただし、食べすぎは禁物です。土の気は、万物を取り込む性質があることから、土用は体重が増えやすく、ダイエットしにくい時期ですから気をつけてください。

 土用の期間には土いじりはしないほうがいいといわれます。土用の前から継続してやっていることなら大丈夫なので、花や木を植えるのなら7月18日までに済ませるか、土用明けの8月7日以降にするといいでしょう。定期的な植物の世話は、土用の期間でも問題ありません。

 そして、ぜひ実行していただきたいのが、土用の虫干し。衣類や書籍などを箱から取り出し、風を通すことです。しまいこんだままにして、カビが生えたり虫に食われるのを防ぐためです。土用の期間は大きな買い物も控えたほうがいいとされています。新しく買うよりも、すでに自分が持っている物を見直し、整理しましょう。

 衝動買いしたけれど、一度も袖を通すことなくクローゼットに押し込んでいる服はありませんか? あるいは、買っただけでページを開いていない本など、そうした物をきちんと使いこなすことで、家の中がすっきりして、出費も減ります。

※女性セブン2016年7月28日号

【関連記事】
価格高騰中の鰻 土用の丑の日はステーキやカルビ食えと提案
風水専門家 不運が続いてきた人に土用は起死回生の好機と指摘
鰻が高騰する最中の土用の丑の日 大人の幸せな過ごし方とは

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP