体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

チームラボ史上、最大規模のデジタルアート作品展。これは見逃せない!

いよいよやってくる夏休み。家族やカップルで出かけよう!と意気込んでいる人も多いはず。

でも、いざ外出したら、暑さに負けて意気消沈。涼を求めて、用もないのにとりあえず屋内へ……なんて経験はありませんか?私、アリマス。

それならば、そもそも屋内スポットを目指してもイイかも。もちろん、涼しさだけじゃなく、最高にワクワクするのは言わずもがな。そういう意味では、この「DMM.プラネッツ Art by teamLab」なんてピッタリだと思うんです。

作品で構成された迷路を
歩き回りながら鑑賞

チームラボ史上、最大規模のデジタルアート作品展。これは見逃せない!

すでにいたるところで耳にするチームラボの名。彼らの作品の多くを鑑賞済という人だっているかもしれません。

それでも、今回の展示は一見の価値アリ。なんといっても、「過去最大規模」なんですから。

たとえば、この『Wander through the Crystal Universe』。昨年銀座で展示され、大きな話題となった作品『Crystal Universe / クリスタル ユニバース』の進化版。なんと約6倍の規模に!
チームラボ史上、最大規模のデジタルアート作品展。これは見逃せない!
チームラボ史上、最大規模のデジタルアート作品展。これは見逃せない!

『Floating in the Falling Universe of Flowers』

チームラボ史上、最大規模のデジタルアート作品展。これは見逃せない!

1年間の花々が時間と共に刻々と変化しながら咲き渡る宇宙。そんな空間が、ドーム内に無限に広がっているインスタレーション作品。鑑賞者が各々のスマートフォンで蝶を選択し投げ込むと、花の宇宙空間に蝶が舞う──。
チームラボ史上、最大規模のデジタルアート作品展。これは見逃せない!
チームラボ史上、最大規模のデジタルアート作品展。これは見逃せない!

『人と共に踊る鯉によって描かれる水面のドローイング – Infinity』

チームラボ史上、最大規模のデジタルアート作品展。これは見逃せない!

こちらは新作のデジタルアート。

無限に広がる水面に鯉が泳いでおり、人々は水の中に入って歩くことができます。鯉は、水の中の人や他の鯉の影響を受けながら泳いでいる。そして、人にぶつかると、花となって散っていきます。人の存在に影響を受けて泳ぐ鯉の軌跡によって、線が描かれていくのです。
チームラボ史上、最大規模のデジタルアート作品展。これは見逃せない!
チームラボ史上、最大規模のデジタルアート作品展。これは見逃せない!

『やわらかいブラックホール – あなたの身体は空間であり、空間は他者の身体である』

チームラボ史上、最大規模のデジタルアート作品展。これは見逃せない!
1 2次のページ
TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会