ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

愛犬家必見!近隣のペットシッターを探せるサービス「Rover」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ペットを飼っている人たちにとって、旅行で家を離れる際のペットのケアは大きな問題だ。

一緒に旅行に連れて行くことができれば問題ないが、なかなかそうもいかないのが現実。かといって、何日も部屋で留守番させておくことも難しいだろう。

そんなペット愛好家たちを助けるサービスがアメリカで注目されている。「Rover」は、近くに住んでいるドックシッターを探すことができる愛犬家の人のためのサービスだ。

・ちょっとした預かりから、お泊りまで。使い方は自由自在

2011年にシアトルで始まった「Rover」は、犬好きの人たちのためのサービス。
「Dog Boarding(宿泊)」「House Sitting(家で世話を見ていてもらう)」「Drop-in Visits(少しの間預ける)」の3つのカテゴリーが用意されており、日にちや場所からドッグシッターを探すことができる。

・登録者数は、40,000人以上

現在では全世界10,000以上の街で、40,000人以上のドッグシッターが登録。
ドッグシッターのページでは、過去のシッターやレビューを確認することも可能。

どんなシッターなのかを確認し、犬を預けることができるので安心だ。このサービスが日本でも展開されれば、日本の犬好きの間でも歓迎されることだろう。

Rover

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP