ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Galaxy用360度カメラGear 360の性能・価格など

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Galaxyブランドから発売された360度カメラの「Gear 360」。本体の前後にある2つのレンズによって上下左右360度、全天球型の360度静止画・動画を撮影することができるデバイスです。手のひらサイズの球体型のボディなので、様々な場所に持ちだすことができ活躍する360度カメラです。

https://www.youtube.com/watch?v=c3_J4aamKyo

360度カメラの特徴は、まるで「空間を切り取った」ようなパノラマ写真を撮影できること。撮影した写真を上下左右に自由にぐりぐり動かして楽しむことができます。さらに「Gear 360」は静止画だけでなく高画質な4Kの360度動画も撮ることができます。360度カメラで撮影した静止画と動画はPCとGalaxyシリーズのスマートフォンから見ることができ、これまでに多くの写真や動画がネット・SNSで公開されています。

「Gear 360」で撮影した360度動画

https://www.youtube.com/watch?v=hocIatxuddk

「Gear 360」で撮影した全天球静止画(※下は通常の静止画です)

サムスンオフィシャルのギャラリーページに多くの360度静止画・動画があります。上の写真の全天球静止画もあります。

Gear 360の性能・スペック


「Gear 360」は、360度カメラに求められる性能が十分備わっていると言えます。大きな特徴としては約150グラムという軽量で持ち運びやすい小さいサイズの大きさであることが挙げられます。


さらに360度カメラで“横3,840×縦1,920ピクセル”という高解像度な4Kの映像が簡単に撮影できる点は「Gear 360」ならではの大きな魅力です。解像度の高い映像にこだわりのある方には、特におススメできるデバイスです。
サイズ
幅60×高さ56×厚さ66mm
重量
152g(バッテリー含む)
カメラ
約1,500万画素×2 CMOS/F値2.0
ディスプレイ
約0.5インチ PMOLED
バッテリー容量
1,350mAh
記録メディア
microSD/microSDHC/microSDXCカード(200GBまでサポート)
動画撮影
最大解像度Dual CAM 3,840×1,920 (30fps)
静止画撮影
最大解像度DualCAM 30M(7,776×3,888)
カメラモード
動画、静止画、タイムラプス動画、ループ動画
コーデック
動画:MP4(H.265)/静止画:JPEG
接続
Wi-Fi(802.11a/b/g/n/ac)/Bluetooth(version4.1)/NFC
防滴
IPX3
防塵
IPX5

他にも上記の表にある通り、防滴・防塵機能で野外や小雨の降る程度の悪天候のシーンに対応していること、レンズがF値2.0なので夜景などの暗い場所でも撮影ができることも「Gear 360」の特徴です。また、バッテリーの持ちは約3時間の連続撮影ができるというテスト結果が報告されています。

サムスン製の360度カメラ、Gear 360で撮影された4K動画を紹介

家電量販店やネット通販で購入可能

「Gear 360」を開発・展開するサムスン電子ジャパンは、販売価格についてはオープン価格になると発表しています。価格は49,550円(税込)。全国の家電量販店や大手ネット通販サイトで買うことができます。

yodobashi.com

GalaxyのスマホやVRヘッドセット「Gear VR」と連携も

「Gear 360」には、Galaxy専用のアプリ「Gear 360マネージャー」が配信されています。「Gear 360」はスマートフォンとの連携が可能です。撮った写真や動画をすぐにフェイスブックやYouTubeなどのSNSにシェアしたり、スマホのディスプレイで撮影中の様子を確認しながらスマホ操作で撮影することができます。さらに撮影した静止画・動画をスマホで編集することも可能です。またPC向けにも高性能な編集ソフト「Gear 360 Action Director」が無料で提供されています。

「Gear 360」に対応するGalaxyブランドのスマートフォンは「Galaxy S7 edge」「Galaxy S6│S6 edge」となります。全てのGalaxyブランドのスマホに対応している訳ではないので注意が必要です。

また、Galaxy専用のVRデバイス「Gear VR」にも対応しています。「Gear 360」撮影した静止画・動画をSNS経由などでなく、スマホで撮影した写真や動画のようにそのままVR体験を楽しむことができます。

カテゴリー : エンタメ タグ :
Mogura VRの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP