ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

古代の英雄・ヤマトタケル 身長197cmの超巨漢だった

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 かつて学んだ日本史の教科書により、偉人の顔を想像することはできるが、身長や体重についてはまったく未知だ。しかし、『日本史有名人の身体測定』(KADOKAWA)の著者で、歴史小説家でありながら現役の整形外科医でもある篠田達明氏は、肖像画や衣服、甲冑、書物などから偉人の体型を推定している。古代の偉人たちは、どんな体型だったのか。

「古代の英雄・ヤマトタケルは『日本書紀』に身長が1丈(10尺)とある。古代の1尺は約20cmなので身長197cm、BMIを約23と推定して体重90kgと算出。元気はつらつで抜群の行動力を持った美丈夫でした」(篠田氏)

 男性だけでなく、女性についても篠田氏は体型を独自の方法で推測している。

「平安時代の宮中の恋愛を綴った『源氏物語』で知られる紫式部ですが、実際はかなり肉付きが良い太めの不美人という評が残っています。絵画などから145cm50kgと推定しました。不美人が故の性的フラストレーションを執筆によって昇華させたのかもしれない」(同)

※週刊ポスト2016年7月22・29日号

【関連記事】
歴史上の偉人の身長・体重調べる整形外科医 その算出方法
紙幣でおなじみの聖徳太子 身長は推定180cm体重78kg
169cm・坂本龍馬の右手を懐に入れた写真に「胃潰瘍だから」説

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP