ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

映画『カンフー・パンダ3』のジェニファー・ユー・ネルソン、映画『Darkest Minds(原題)』で実写監督へ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

映画『カンフー・パンダ3』で知られるジェニファー・ユー・ネルソン監督が、米20世紀FOXがシリーズ化を狙う映画『Darkest Minds(原題)』の監督に決まり、実写作品での監督デビューを果たす。

『Darkest Minds(原題)』は、アレクサンドラ・ブラッケンによる若者向け3部作小説の実写化作品。原作では、疫病によって子供やティーンエイジャーの大半が死亡したアメリカを舞台に、生き残って超能力に目覚めた若者たちの姿を描いている。

ショーン・レヴィが自身の製作会社21ラップス・カンパニーを通じ、ダン・レヴィン、ダン・コーエンとともにプロデュースする。

脚本は、TNT系で放送されるテレビシリーズ『Good Behavior(原題)』のクリエイター、ショーランナー(番組責任者)、エグゼクティブ・プロデューサーを務めるチャド・ホッジが担当。ホッジは、テレビドラマ『ウェイワード・パインズ 出口のない街』シリーズのクリエイター兼エグゼクティブ・プロデューサーとしても知られる。

原作小説の1作目では、キャンプから脱出して仲間たちと共に政府から逃れる、テレキネシス・パワーを持つ16歳の少女が描かれた。

ネルソンは、映画『カンフー・パンダ2』で監督デビューし、アカデミー長編アニメ映画賞にノミネートされたほか、今年1月に全米公開された『カンフー・パンダ3』でも監督を務めた。

ネルソンはWMEおよびハンセン・ジェイコブソンと、ホッジはWMEと代理人契約を結んでいる。

カテゴリー : エンタメ タグ :
Variety Japanの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP