ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ベタベタな季節だからこそ! 省いちゃいけないのが保湿なのです

DATE:
  • ガジェット通信を≫

湿気や汗でベタつきが気になる夏。水分は十分な気がして保湿を忘れたり、あえてしない人もいるのでは? しかしこの季節こそ保湿が大切なのです。夏の保湿の必要性とおすすめの保湿法を紹介します。

実は夏って乾燥するんです

夏場は汗や皮脂の分泌が多いため、冬よりも潤っている感覚になります。しかし、紫外線による乾燥、エアコンのせいで湿度が低くなっていたり、テカりが気になって何度もあぶら取り紙や汗ふきシートを使ったりとお肌の水分はどんどん奪われているのです。それに気づかず保湿をおろそかにしたお手入れで、表面はあぶらっぽいのに内側は乾燥しているインナードライになっている可能性が大。秋以降に深刻な乾燥肌に移行する恐れがあります。

バランスが取れていれば化粧落ちも酷くならない

内側が乾燥しているせいで、肌は皮脂を出して水分を守ろうとするため、皮脂テカりや化粧崩れが起こりやすくなります。化粧崩れを気にして十分な保湿をせず、もっと乾燥する→化粧崩れしやすくなるという悪循環に陥らないためにも、しっかりと保湿をすることが大切。水分と油分のバランスが取れていれば、ファンデが浮いたり化粧落ちも酷くなることがありません。

夏にもおすすめな保湿法

汗をかいてしまうと保湿が面倒になったり忘れがち。洗顔後や入浴後は、すぐにブースターか化粧水の習慣を。速攻で化粧水を使い、落ち着いてから乳液や美容液を使うことでうまく浸透してくれます。化粧水はいっぺんにつけず少量を何度も手のひらで押し込むようにつけます。意外と水分を欲しているんだな、と実感できますよ。乳液は顔に直接つけずに手のひらで合わせてから顔にのばします。最後に顔全体を手で包み込むようにプッシュ。乳液は手で温めることで浸透しやすくなるので、ベタベタになりにくくもっちりしたお肌に。化粧直しの際にはミスト化粧水を使うことで、どんどん化粧が崩れていくのを防げます。夏のファンデはジェルファンデかクッションファンデを使うとひんやりした感覚でぴったりとついてくれるのでおすすめですよ。

保湿がしっかりできていればファンデの乗りもよくなり、化粧落ちしにくいことに気づきます。夏こそ乾燥しやすいことを頭においてスキンケアをしてくださいね。

writer:しゃけごはん

カラダにキク「サプリ」の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP