ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

都内からも行ける「ムササビ遭遇率96%」の場所とは

DATE:
  • ガジェット通信を≫


J-WAVE金曜朝6時からの番組「〜JK RADIO〜TOKYO UNITED」のワンコーナー「COME TOGETHER」。世の中をより楽しく、goodにするアクションを紹介します。7月15日のオンエアは、今人気の「エコツーリズム」の魅力を、NPO法人日本エコツーリズム協会事務局の高野千鶴さんにお聞きしました。

高野さんによると「エコツーリズム」とは、「エコロジカル」と「ツーリズム」が一緒になった造語で、自然の不思議さや、自然と共にある暮らしから育まれた文化・歴史に触れ、訪れた地域をもっと好きになってもらい、資源の保全へと繋げていく旅の考え方…とのことだそうです。

そこで、都内からも行きやすい、おすすめのエコツアーを紹介していただきました。

■埼玉県飯能市で里山体験
「飯能市で、里山での暮らしが体験できるプログラムがあります。リバートレッキングなど、自然を楽しむアクティビティーもあります」

■長野県軽井沢町でムササビに会える
「日本の固定種ムササビウォッチングツアーが11月頃まで行われています。2015年の目撃率は96.1パーセントでした!」

ジョン・カビラも「ほぼ確実じゃないですか!」と思わず前のめりになるほどの、目撃率の高さです。実はツアーを企画している団体が、いつもムササビを調査しているからこそ、目撃率が高くなっているのだとか。ちなみに、ムササビウォッチングツアーでムササビを観察できたら「ムササビウォッチャー証明書」を貰えるそうです。

高野さんは、「エコツアーを通じて、人と自然との繋がりを感じてほしい」とのメッセージを送ります。

「ガイドさんの案内などを通して、地域ごとに異なる風景の中にある意味を感じてほしいと思います。絶景と言われるような雄大な自然がどのように守られてきたのか、自然と共に生きてきた暮らしに息づくお祭りなど、少し意識すると風景の中にはいろいろな情報が詰まっているんです。旅を通じて新しい発見ができればと思います」(高野さん)

都内から1時間ほどで里山暮らしができたり、軽井沢で動物に出会えるツアーは夏休みにピッタリですね。気になった方は、NPO法人日本エコツーリズム協会のサイトをチェックしてみてください。

【関連サイト】
「〜JK RADIO〜TOKYO UNITED」オフィシャルサイト
http://www.j-wave.co.jp/original/tokyounited/

カテゴリー : エンタメ タグ :
J-WAVEニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP