ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

オリジナルなピノを楽しもう! 『ピノフォンデュカフェ』が東京と大阪で期間限定オープン

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


森永乳業は、ひと口アイスの「ピノ」で ピノフォンデュが楽しめる専門店「pinofondue café -chocolate&marshmallow- (ピノフォンデュカフェーチョコレートアンドマシュマロー)」が期間限定でオープンする。
その報道関係者向け内覧会を取材した。

メニューはいたってシンプルで、350円のセットのみ。
通常はチョコレートコーティングされているピノだが、ここではコートされていないものから3種を選ぶ。
バニラがデフォルトで、チョコ、抹茶、マンゴー&パッションフルーツの3種から2つを選択。

そしてチョコレートソースから2種を選ぶが、ここでもセミスイートがデフォルトで、抹茶、マンゴー&パッションフルーツから1種を選択する。

次に、トッピングを6種類のうちから2種を選択する。
これに、お店で調理したマシュマロクリームとチャームが付属する。
これで準備完了。

女子は選ぶのに時間がかかりそうだが、列の状況を見て長蛇にならない程度に慎重に選ぶとよい。
後でもう1セット注文しても700円なのでそれもまた良いだろう。
間違っても一度に2セット注文しないように。溶けてしまう。

ちなみに取材に来ていた報道関係者のほとんどが女性。
なかなか女子力の高そうな記者さんばかりだ。

こうして、注文したセットがトレーにきっちり収められて出てくる。

これがそのセット。
なかなかオシャレではないか。

アイス6つにチャーム。
見ているだけでも楽しい。

しかし、これを一体どうしろというのだろう。
もたもたしているとアイスが溶けてしまう。
見かねたスタッフが実演してくれた。

まずは、アイスにフォークを刺して、お好みのチョコレートソースにドボンチャン。
この状態で5秒ほど待つと、ソースが固まる。

続いて木のへらで、マシュマロクリームを塗り塗りする。

そして、トッピングをかけてもよいし、中に突っ込んでもよい。

2種類のトッピングをきれいに配置完了。

最後に、チャームをかわいく並べて完成。

めんどくせー!とつぶやいた記者に、女子力の高そうな記者たちが笑いながら、「女子はこういうのが好きなんですよ~」と教えてくれた。
そんなものか。
味はというと、お店で売っているピノの数倍甘く美味しかったことだけは確かだ。

写真はお店のスタッフが作ったお手本。

東京では7月15日(金)から8月31日(水)までの期間、東急プラザ表参道原宿3階に開店。
大阪では、7月22日(金)から8月31日(水)までの期間中、休館日を除いてBREEZE BREEZE1階に開店する。
自分だけのオリジナルピノを作って食べてみてはいかがだろうか。

※写真はすべて記者撮影

―― 見たことのないものを見に行こう 『ガジェット通信』
(執筆者: 古川 智規) ※あなたもガジェット通信で文章を執筆してみませんか

ガジェ通ウェブライターの記事一覧をみる ▶

記者:

ウェブサイト: http://rensai.jp/

TwitterID: anewsjp

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP