体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

オリジナルなピノを楽しもう! 『ピノフォンデュカフェ』が東京と大阪で期間限定オープン

01IMG_6744_R

森永乳業は、ひと口アイスの「ピノ」で ピノフォンデュが楽しめる専門店「pinofondue café -chocolate&marshmallow- (ピノフォンデュカフェーチョコレートアンドマシュマロー)」が期間限定でオープンする。
その報道関係者向け内覧会を取材した。

02IMG_6766_R

メニューはいたってシンプルで、350円のセットのみ。
通常はチョコレートコーティングされているピノだが、ここではコートされていないものから3種を選ぶ。
バニラがデフォルトで、チョコ、抹茶、マンゴー&パッションフルーツの3種から2つを選択。

そしてチョコレートソースから2種を選ぶが、ここでもセミスイートがデフォルトで、抹茶、マンゴー&パッションフルーツから1種を選択する。

03IMG_6767_R

次に、トッピングを6種類のうちから2種を選択する。
これに、お店で調理したマシュマロクリームとチャームが付属する。
これで準備完了。

04IMG_6750_R

女子は選ぶのに時間がかかりそうだが、列の状況を見て長蛇にならない程度に慎重に選ぶとよい。
後でもう1セット注文しても700円なのでそれもまた良いだろう。
間違っても一度に2セット注文しないように。溶けてしまう。

IMG_6738_R

ちなみに取材に来ていた報道関係者のほとんどが女性。
なかなか女子力の高そうな記者さんばかりだ。

IMG_6773_R

こうして、注文したセットがトレーにきっちり収められて出てくる。

IMG_6778_R

これがそのセット。
なかなかオシャレではないか。

IMG_6781_R

アイス6つにチャーム。
見ているだけでも楽しい。

IMG_6788_R

しかし、これを一体どうしろというのだろう。
もたもたしているとアイスが溶けてしまう。
見かねたスタッフが実演してくれた。

1 2次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。