ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

妊娠糖尿病検査で基準値オーバー!再検査までに必死に運動や食事制限した結果…

DATE:
  • ガジェット通信を≫

次男を妊娠し、妊娠25週のときの妊婦検診で妊娠糖尿病検査を受けました。

午前中に検査を受け、朝食も軽めに食べていったのに、なんと数値は180mg/dL。数値は140mg/dL以上が正常値で超えると再検査です。

ママ友から「妊娠糖尿病になって大変だった!」という話を聞いていたので、朝食は軽めに、検診前日も甘いものや炭水化物も控えていました。それなのに数値は基準値を軽々とオーバーしていてかなりショックでした。 関連記事:つわりで静脈へ点滴、日に10回のインシュリン注射…私の妊娠中は痛いことだらけ!

再検査は次の検診時です。と助産師さんから告げられ、和食中心に、甘いお菓子やスナック菓子などは控えめにと指導を受けました。

これは大変だ!とインターネットで妊娠糖尿病について調べまくり、再検査に引っかからないためには、数値を下げるにはどんな生活を送ったらいいのか調べました。

そして、毎日散歩を30分~1時間。お菓子は当然食べない。食事は糖質をなるべく減らし野菜をたっぷり。揚げ物は控え、煮物などを作り、2週間後の再検査に向け頑張りました。

妊娠27週のときに再検査を受け、数値は133mg/dL(血糖60分後)基準はギリギリクリアでした。

しかし、散歩や食事制限をあれだけ頑張ったのにこの数値か…というがっかり感はありました。

それからというものの、心なしかお寿司やどんぶりもの、ケーキなどを食べたときに頭がぼーっとするような気がしてなりませんでした(あくまで気のせいでしたが)。

検査でひっかかったので心配しすぎていたのだと思います。

現在、次男が生まれ2年になりました。息子は元気いっぱいに育ち、母子ともに健康です。

妊娠糖尿病になると出産後糖尿病になるリスクが上がるそうですが、それよりも出産後私の父から「うちの家系は糖尿病が沢山いるから、おまえも気をつけろよ~!」と、どうやら遺伝子的に糖尿病には注意しなくてはいけないようです。

もし、妊婦検診で妊娠糖尿病検査にひっかかったとしてもある程度までは数値は下げることが出来ますよ。そして妊娠したら両親の家系に糖尿病の人は居ないか聞くべきです。糖尿の家系ならば妊娠中の食生活はなるべく薄味の和食に。出来る範囲で散歩などの軽い運動をしましょう。日々の積み重ねが大切ですよ。

余談ですが、切迫流産の入院中に妊娠糖尿病の検査を受け、検査直前に菓子パンを2つ食べて検査を受けたのにもかかわらず数値は正常値内だった!というママ友が居ました。食事は病院食のほかにもお見舞いで頂く差し入れで甘いものを毎日食べていたとか。私にとってはうらやましい限りです。 関連記事:2人目だから余裕♪のはずが、まさか?妊娠糖尿病の疑い!ブドウ糖負荷試験の結果は

著者:ron

年齢:30歳

子どもの年齢:2歳5ヶ月・5歳9ヵ月

妊娠出産後、待機児童になり、ブラック企業を退社して早3年。子育ては仕事より忍耐力を鍛え、体力勝負だ!と、育児に奮闘中です。兄弟喧嘩は日常茶飯事!やんちゃで走り回るのが大好きな可愛い男の子2人をもつママです。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。

関連記事リンク(外部サイト)

無事に産まれてくる事は当たり前ではない!
二人目妊娠でまさかの妊娠糖尿病
まさか!!妊娠糖尿病の疑いが

赤すぐnet みんなの体験記の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP