ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

もうサメには殺されない!?侵入を90%防ぐ“特殊な電気フィールド”を使った新技術「Shark Shield」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

国民の祝日「海の日」があって、楽しみにしている人もいるだろう。夏といえば海水浴だが、海には危険が付き物で、昨年もサメの目撃情報が相次ぎ、人々の不安を招いた。

・特殊な電気フィールドがサメを遠ざける

西オーストラリア大学のRyan Kempster氏らを中心とするチームが、「電気フィールドを張ることで、90%サメの攻撃を回避する」というサメへの対抗策を研究している。

その名も「Shark ShieldTM」。低周波の特殊な電気パルスが電気フィールドを生み出し、これがサメをひるませるのだという。立体カメラを採用することで、サメとの距離を正確に計測する。

・足首やサーフボードに装着して使う

「Shark ShieldTM」は、アンクレットのように足首に付けたり、サーフボードのテール部分に装着する。水に沈められると、2つの電極が3次元の電気フィールドを生み出し、動物の超感覚の電気受容体を過剰反応させるのだという。

数メートル以内にサメが近づくと、そのサメの筋肉がけいれんを起こし、非常に強い不快感を与え、その場から退散させるという仕組みだ。

・実験では10回中9回成功

チームでは南アフリカの海で実験を実施した。サメのエサを入れたキャニスターを使って、サメをおびき寄せ、「Shark ShieldTM」の効果を確かめた。

その結果、322匹のサメに遭遇し、そのうち41匹がホオジロザメだった。システムが半径1.3メートルの電気フィールドを発生させ、最初の接近時には10回中10回、ホオジロザメを遠ざけることに成功。

ただ、ホオジロザメには学習機能があるらしく、同じサメが再接近してきた場合、10回中9回に成功率は下がった。また、電気フィールドの有効範囲は、その度ごとに平均12センチメートルほど縮小した。

1990年代からいわゆる「Shark ShieldTM」的な技術は研究されてきたものの、今回の信頼性の高い実験と分析により、その効果が証明されたかたちだ。

・海水浴客、ダイバーを守る

WA State Governmentからの出資を受けて進められたこの研究は、もちろん100%の成功率を維持できるわけではないが、既存の似たようなうたい文句の“サメ避け”技術と比べても、かなりの有効性があり、海水浴客やダイバーのサメによる事故を防ぐことにつながる可能性を秘めている。

楽しい夏を満喫するためにも、海難事故に気をつけたい。

Shark ShieldTM

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。