ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

永六輔さん 立川談志とケンカしていようぜと暗黙の了解

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 テレビ黎明期から長きにわたって活躍した永六輔さん(享年83)がこの世を去った。その日は七夕で、「お先に失礼!」というように永眠したという。

 永さんは著書『永六輔のお話し供養』(小学館)の冒頭にこう書いている。

《人の死は一度だけではありません。
最初の死は、医学的に死亡診断書を書かれたとき。
でも、死者を覚えている人がいる限り、その人の心の中で生き続けている。
最後の死は、死者を覚えている人が誰もいなくなったとき。
そう僕は思っています》(以下、《》内は同著より引用)

 死者に対する優しいまなざし。永さんは同著の中で、大切な人の人となりや思い出を綴り、それを「供養の手紙」として遺している。

《私生活を秘密にする人でした。スターになってからはどこに住んでいるのか誰も知らなかった。でも、我々の世代は、世間に顔を出すのは恥ずかしいことだったの。だから、自分の家の前に黒塗り(ハイヤー)を乗りつけたりしないんです。家の少し手前か少し通り過ぎてから降りる》

 永さんより5才年上だった渥美清さん(享年68)のエピソードだ。焼け野原の戦後の東京で、10代の頃に2人は出会っている。

《僕が住んでいる家の道路隔てた斜め向かいに、渥美ちゃんが住んでいたこともあったの。その頃は朝食も夕食も僕の家で食べていた》

 永さんは死後16年経って、初めて渥美さんのことを書いたという。理由は《それほど親しかった仲》だったから。

《「君は日本の芸に近づきつつある。でも、まだ学ぶべきことはいっぱいあるよ」
歌手の坂本九と会うたびに、僕はよくそんな言葉をかけ続けました。彼があるテレビ番組で人形劇のナレーションをしていたのを聞いたときからです。講談の世界の語り口調でそれが上手だった。単なるアイドルや流行歌手として終わって欲しくないと思いました》

 坂本九さん(享年43)の代表曲『上を向いて歩こう』は永さんが作詞を手がけた。顔を合わせるたび、永さんは坂本さんを叱咤激励した。若くしてスターになった坂本さんが、虚しさや孤独感に苛まれないか、いつも心配していた。

 その矢先だった。1985年8月12日、坂本さんを乗せた日本航空123便が、御巣鷹の尾根に墜落した。

《九は邦楽の出身で、ロカビリーからジャズにいって、もう一度、伝統芸能に戻れる人でした。それが飛行機事故で突然、亡くなってしまった。(中略)悔しかったですね。いつかきちんと、日本の伝統芸能を踏まえて、新しい坂本九になる。もうそろそろそのときが来て、僕も作詞をしたいと思っていた矢先の遭難でした》

 生前は“犬猿の仲”といわれた立川談志さん(享年75)との秘話も綴られている。

 2人は談志さんが7代目を襲名する直前に出会った。その後談志さんが柳家小さんさん(享年87)と対立するようになると、永さんと談志さんの距離も自然と離れていったといわれてきた。

《談志の前では僕の話はしないし、僕の前で談志の話はしない》

 実は、2人はそれをおもしろがっていた。“けんかしていようぜ”という暗黙の了解があったのだという。いたずら好きで、粋な2人の心の交流。

《談志が三十前に書いた『現代落語論』は名作だと思います。あの本を残しただけでも、もちろんその他の功績も多々ありますが、僕は尊敬していました》

《あなたの心にその人が生き続けていれば、それが供養のひとつだと思います》

 永さんは、著書をそう締めくくった。私たちの中で、永さんは生き続ける。

※女性セブン2016年7月28日号

【関連記事】
談志の下で26年過ごした志らくが師匠の人となりを明かした本
酒井法子 「恩人」の死で芸能活動復帰計画白紙の可能性も
談志VSたかじん 収録で喧嘩勃発し番組お蔵入り事件を再録

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。