ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

マウスを使う人ほど仕事が遅くなる理由

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

パソコンはもはや誰もが使うのに、「パソコンの操作方法」は案外教わる機会がありません。

キーボードの操作一つにしても、多くの人は「使っているうちに自然に覚えた」という我流スタイルなのが実状ではないでしょうか。

そんな人こそ、ここで紹介するパソコン(Windows限定)の操作方法を試してみてください。もし、「画面から何か選ぶときはマウスでクリック、キーボードの手の位置は“J”と“F”の上に人差し指を置くホームポジション」なんてやっているなら、はっきり言って効率悪すぎます!

■マウスを使わなければ、パソコン操作は圧倒的に速くなる!

スマートに効率よくパソコンを使いたいのならば、まずは「パソコンはマウスとキーボードで操作するもの」という固定観念を捨てること。ほとんどのパソコン操作はキーボードだけで可能です。

たとえば、「画面上のウィンドウを動かす」という、ついマウスを使いたくなる場面。もし、画面の左右どちらかの端に寄せたいなら、

「Windowsキー」+「左」または「右」キー

もっと細かく動かしたいなら、元のサイズ(最大化されていない状態)で

「Alt」+ 「スペース」→「M」

と操作すると画面に矢印マークが表示されるので、「上下左右キー」で場所を決めて「Enter」で決定できます。

ちなみに、ウィンドウのサイズを変えたいなら

「Alt」+ 「スペース」→「S」→「上下左右キー」で場所を決めて「Enter」

となります。これらのショートカットは、慣れるとマウスより圧倒的に作業スピードが上がるはずです。

■「右クリック」は「アプリケーション」キーで代用

パソコン操作をマウスなしでやろうとする時、ネックになりがちなのが「右クリック」です。実際、ショートカットキーを使いこなしているのに、右クリックだけはマウスを使っている人をよく見かけます。

しかし、実はこれも簡単。キーボードの中央右下あたりにある「アプリケーション」キーを押すだけで、マウスで右クリックをした時と同じメニューバーが出てくるので、あとは「上下左右キー」で選択して「Enter」を押すだけ。

■瞬時に画面をロックする便利キー

休憩やトイレなどで離席する時は、セキュリティのためにも画面はロックしておくべき。でもいちいちマウスを使って操作するのは面倒です。

ならば「Windowsキー」+ 「L」を押してみましょう。瞬時に画面がロックされるはずです。

■“ホームポジション”はもう古い! 

パソコン操作を最初に習う時、まず教えられるのが、左右の人差し指を“J”と“F”の上に置くホームポジションです。

でも、この手の位置は、あくまで「文字入力」のためのポジションです。実際は他の作業をしている時間の方が圧倒的に長いはず。

それならば、キーボードのみでパソコンを操作する方法を身に着けて、その際に多用する「Alt」や「Shift」「Ctrl」を押しやすい位置に手を置いた方が、作業はスムーズに進みます。

ここで紹介したのは初歩の初歩。パソコン操作にはもっともっと多くの「裏ワザ」や「時短ワザ」が隠れています。『仕事が速い人ほどマウスを使わない! 超速パソコン仕事術』(岡田充弘著、かんき出版刊)には、パソコン操作をもっと快適にスピーディにするための方法が紹介されているので、ここらで一度しっかりと勉強して、自分の仕事の生産性アップを目指してみてはいかがでしょうか。(新刊JP編集部)

【関連記事】

元記事はこちら

「ぶっ飛んでる」 甲本ヒロトが語る“赤塚不二夫”

ソニー創業者・盛田昭夫が世界の心をつかむために行った「隠れた努力」

カテゴリー : エンタメ タグ :
新刊JPの記事一覧をみる ▶

記者:

ウェブサイト: http://www.sinkan.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP