ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

美に執着してる人は目の輝きがない。IKKOさんが実践する美容術

DATE:
  • ガジェット通信を≫

IKKOさんといえば、誰もが知る美容のスペシャリスト。だけどIKKOさんは意外にも、「美しさに執着しすぎはよくない」ということも言っています。

いろいろ試しすぎて美容迷子になりがちだからこそ、『IKKO心の格言200』を参考に本質的な美しさについて考えてみました。

美に執着しすぎない

面白かったのが、IKKOさんから見た美容ばかり気にする女性について。

美に執着しすぎた女は目が輝いてないの。それよりも仕事や家庭があって日々忙しくしてて、限られた時間で工夫しながら美しさをキープしてると、充実感があるから輝くよね」

(本書より引用)

陽射しを浴びたくないことを理由に、本当は行きたいのに外出を制限する女性や、仕事中なのに会社のトイレにこもりっきりで、ずっとメイク直しをしている人。見た目はよくなっても美容を優先しすぎる様は、たしかに美しくありません

やるべきことはやりつつ、そのうえでキレイを目指す。そういう女性こそあこがれます。

うわっつらの美容術はいらない

また、アンチエイジングの考えかたに関しては、厳しくも正しいこんな意見が。

「うわっつらのアンチエイジングなんか必要ないわ。今の自分を受け止めて、改善したいのは何か知って、それから対策をたてること。これが正しいアンチエイジングです。うわっつらっていうのは、ただアンチエイジング美容液を使うだけとか安易なこと」

(本書より引用)

たとえば肌荒れになった場合、原因がストレスなのか寝不足なのか、もしくは生理前なだけなのかを考える。

原因を自分で見直さなければ、いくつになっても自分がほしい美しさを得ることはできません。きちんと自分の肌や健康状態を把握してから対策をしましょう、とIKKOさんは伝えています。

美容も仕事も人一倍、ある意味女性よりも努力してきたからこそ生まれた魅力。IKKOさんの言葉に触れ、彼女のことがもっと好きになりました。

photo by Thinkstock/Getty Images

■ あわせて読みたい

トリートメント→コンディショナーが正解。知らなかった正しい使い方
薄い色の服ってダメなの? じつは日焼けをしやすいNG習慣
セーラームーンコスメで、この夏ミラクルロマンス起こせそう
美容液のつけかたが肝心。夏の化粧崩れを防ぐメイクテク
いますぐ毛穴、閉鎖したい #毛穴ケアまとめ
うぐぐ…。見られても余裕なひじ・ひざになりたい #角質ケア
大きい人はボリューム。小さい人は長く。目とまつ毛の関係 #オネエ調べ

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
グリッティの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP