体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

KEYTALK、全国ツアーファイナル公演が大盛況のうちに幕

7thシングル「HELLO WONDERLAND」、8thシングル「MATSURI BAYASHI」を引っ提げ、5月24日(火)川崎CLUBCITTA’公演を皮切りに全国を巡ったツアー『KEYTALKワンマンツアー3年K組お祭り先生〜「先生!義勝君の給食費がありません!」』。ファイナル公演は、新木場STUDIO COASTの2DAYS。両日、素敵な空間が生まれていた。
7月14日@新木場STUDIO COASTLIVE (okmusic UP's)
諸注意を読み上げる影アナを「巨匠」こと寺中友将(Vo./Gt.)と八木優樹(Dr./Cho.)が務め、早くも盛り上がった観客たち。そして会場内が暗転して巨匠、小野武正(Gt./MC/Cho.)、首藤義勝(Vo./Ba.)、八木がステージに登場。彼らはすぐに準備を済ませると、一丸となって爆音を轟かせた。1曲目に放たれたのは「HELLO WONDERLAND」。飛び交う何本ものレーザー光線の真下に広がる満杯のフロアが、瞬く間にダンス天国と化した。絶妙なツインヴォーカルのコンビネーションを発揮する巨匠&義勝、華麗なフレーズを連発する武正、エネルギッシュなビートを躍動させる八木。黄金のアンサンブルが、鮮やかに迫ってきた。

「Combat Song」「KARAKURI夢ドキュメント」「パラレル」……などなど、序盤から連発された強力なナンバーを浴びながら踊る人々の一体感がものすごかった。そして、時折のインターバルも楽しい。「太陽系リフレイン」の後、メンバーたちが自己紹介をしたのだが、いつものことながら各々のキャラクターが立ちまくっていた。最近、ハマっているらしい炭水化物系の麺類について語っていた武正。某有名シンガー2人の歌声と歌唱法の特徴を見事に掴んだモノマネを披露して大喝采を浴びた巨匠。赤縁のサングラスをかけたイケイケのパーティー大好き男「パリオ」に扮し、「人差し指と小指をくっつける」という自身の特技を観客に挑戦させた義勝。「あのミラーボールより輝いてみせます!」とSTUDIO COASTの名物である巨大ミラーボールに挑戦することを宣言し、人力ミラーボール(音楽に合わせて回転したり踊りまくる)を披露した八木……そんな賑やかな場面を挟んで突入した「YGB」「赤いサイコロのMAYAKASHI」なども大盛り上がりとなった。

「この辺で1回、涼し気な朝の曲をやりたいなと思うんですけど。爽やかな朝の風に吹かれた気分になってください」と義勝が言って演奏が始まったのは、彼が作詞作曲を手がけ、情報番組『めざましどようび』2016年テーマソングとしてオンエア中の「boys & girls」。その他、洗練されたフュージョンテイストの「wasted」なども届けられ、会場内は穏やかな恍惚で満たされていった。そして、「スターリングスター」も披露され、観客はうっとりとした表情を浮かべながら身体を揺らす。美しいメロディとハーモニーを存分に堪能した中盤戦であった。

「ここから後半戦。まだまだ力余ってますよね? 熱いライヴ一緒に作り上げようぜ!」と観客を煽った後、「私はビールを頂きたいと思います」と言い、缶ビールを一気飲みした巨匠。そして雪崩れ込んだのは、彼が作詞作曲をした「MATSURI BAYASHI」。この曲で生まれた熱気は桁外れのものであった。リリースされてまだ間もない曲であるが、観客のダンスの動きが見事に合っていて、かけ声の一体感も素晴らしい。今後のKEYTALKのライヴでも存在感を放つ1曲となることを確信させられた。続いて「MABOROSHI SUMMER」と「One side grilled meat」も全力で演奏。そして、武正が音頭を取ったコール&レスポンスを挟んで突入した本編ラスト「MONSTER DANCE」は、イントロが奏でられるや否や観客が大興奮! 一斉に飛び跳ねて踊る人々を眺めながら、メンバーたちは実に気持ちよさそうに演奏をしていた。

突然鳴り響いたチャイムの音。アンコールはまず、ツアータイトル『3年K組お祭り先生〜「先生!義勝君の給食費がありません!」』にちなんだ学園ドラマ風の寸劇からスタートした。教師役は巨匠、生徒役は義勝、武正、八木。義勝の給食費がどこかに消えてしまい、大騒ぎとなるストーリーであった。フラフープを手渡された義勝が、30秒間腰で回し続けることに成功して給食費を免除される……となるのがお決まりの流れなのだが、14日の公演では「目隠しをした状態で鉛筆を舐めて硬度を当てる」というスペシャルな課題も追加された。これもクリアした瞬間、義勝は無邪気に飛び跳ねて大喜び。ファイナルならではのスペシャルバージョンとなった。とにかく見どころが満載だった寸劇は、各地で大好評となったが、KEYTALKのライヴの新たな名物となるかもしれない。

1 2次のページ
エンタメ
OKMusicの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会