体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

スチャダラパーBoseが80年代のホンダ車だらけのお店に潜入!

▲1983年9月にデビューしたワンダーシビック。車に求められる機能を最大限追求しながらメカニズムは小型化するというM・M思想に基づき開発された画期的なモデルですが、Boseさんはこの時代ならではの空気感に注目しています

▲1983年9月にデビューしたワンダーシビック。車に求められる機能を最大限追求しながらメカニズムは小型化するというM・M思想に基づき開発された画期的なモデルですが、Boseさんはこの時代ならではの空気感に注目しています

「ネオクラ、ちょうどいいよね」と10~20代が注目中

日本のヒップホップシーン最前線でフレッシュな名曲を作り続けているスチャダラパーのMC、Boseが中古車情報誌『カーセンサー』にてお届けする人気連載「Bosensor」。カーセンサー本誌で収録しきれないDEEPでUNDERGROUNDな話をお届けっ!!

編集部ゆきだるま(以下、ゆきだるま):Boseさん、今日お邪魔するお店はネオクラシックと呼ばれる80年代後半~90年代前半の車を扱っている専門店です。

Bose:そう。実は子供と動物園に向かっていたら途中でシビックがたくさんある中古車屋さんを見つけてね。思わずUターンしちゃったんだよ。それが今回行くお店。

ゆきだるま:80年代後半っていうと、私まだ生まれてないです。

Bose:そうなの!? だったら余計におもしろいお店だと思うよ。「こんな車もあったんだ」って驚くはず。

▲当時を知らない世代も「なんかいいよね」とお店にやってくると大貫社長。彼らの特徴はネオクラを最新のものと捉えていること

▲当時を知らない世代も「なんかいいよね」とお店にやってくると大貫社長。彼らの特徴はネオクラを最新のものと捉えていること

大貫社長:Boseさん、いらっしゃいませ。今日はじっくりと見ていってください。

Bose:今日はよろしくお願いします。これは僕の個人的な趣味ですが、新しすぎる車に乗るのは自分に似合わない気がしてどこか恥ずかしいんです。僕が着ている洋服の雰囲気は昔からあまり変わらないけれど、車だけはどんどん変わっていっちゃうというか……。

大貫社長:ファッションも今、80年代がリバイバルしていますからね。

Bose:そうなんだよね。僕が昔着ていたものがまた普通に売っていたり。これ、昔必死に探したなあ。そしてまだ持ってるしっていうのが結構あるの。

大貫社長:最近は車も80年代後半~90年代前半あたりがブームになっているのを実感しています。もちろん当時を知っていてもう一度乗りたいというお客さんが多いのですが、この時代を全く知らない若いお客さんが増えているんですよ。

Bose:わかるな、その感覚。僕は今フォルクスワーゲン ゴルフ2に乗っているんだけど、最近『POPEYE』の取材を受けたんですよ。ポパイのような雑誌だと懐かしいとかではなくて「いいっすね、ネオクラ。ちょうどいいですね」ってなるの。感度の高い子たちがファッショナブルな目線で見ていくと、この時代の車がよくなるんだよね。洋服や小物など、自分の持ち物とハマるんだよね。シビックも同じ。

大貫社長:今、若い子たちにはワンダーシビックやグランドシビックが人気です。もちろん主流はハッチバックですが、DJやダンサーの子たちはあえてセダンを選んでローライダーっぽく乗っていたりしますね。あとはアメリカの走り屋っぽく、スポコンっぽくしたり。

Bose:みんな自分の好きな雰囲気を楽しんでいるんだな。車って移動手段の“道具”としての役割はもちろん大切だけれど、それ以外に“空気感”が大切だからね。洋服は防寒などの機能はもちろん、そのデザインが自分に似合うかを気にするよね。家具だって機能面だけじゃなく自分のライフスタイルにマッチするかが大事。だからこそ古い和家具やミッドセンチュリーなやつを扱うお店があるわけだしね。車も自分の感性に合うものを扱うお店が見つかると嬉しいんだよ。

大貫社長:今はたまたま展示場がホンダ車だらけになっていますが、うちはネオクラシックな車の専門店なのでトヨタや日産も扱います。別の保管場所には日産 サニーカリフォルニアやスズキ マイティボーイもありますよ。

Bose:そうなんだ。でもせっかくこれだけたくさんのホンダ車があるんだし、今回はホンダ車大プッシュでいこうよ。僕も初代シティターボに乗っていたし、この時代のホンダが大好きだからね。カーセンサー本誌で紹介する車、選ばせてもらっていいですか?

大貫社長:もちろんです。自由に見ちゃってください!

▲ワンダーシビックのボディラインやインテリアをマジマジと眺めるBoseさん。「自分たちのスタイルと車がハマるって大事だと思うよ」

▲ワンダーシビックのボディラインやインテリアをマジマジと眺めるBoseさん。「自分たちのスタイルと車がハマるって大事だと思うよ」

80~90年代のシビックがズラリ!

ホンダ シビック

▲このワンダーシビックの車両価格は178万円。後方に向かうにつれスラントしていくルーフやブラックアウトされたリアゲートがカッコよかったですよね

▲このワンダーシビックの車両価格は178万円。後方に向かうにつれスラントしていくルーフやブラックアウトされたリアゲートがカッコよかったですよね

Bose:ワンダーシビックは直線的なフロントデザインとリアのストンとした感じが未来っぽくてお洒落だったよね。

大貫社長:これはエンジンとミッションをオーバーホールしてあるので調子いいですよ。ちなみにホイールは当時の純正オプションでリアのウイングは今じゃまず手に入らないものです。あとはテインの車高調、ワンオフのマフラー、前後のタワーバーですかね。

Bose:インテリアも懐かしいなあ。シティもだけど、この頃のホンダはインパネデザインがいいよね。スクエアで使いやすい。そしてダッシュボードはモノが置きやすいんだよ。

1 2次のページ
日刊カーセンサーの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。