ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

病気で両手両足を切断したギタリスト。音楽は生きる希望になる

DATE:
  • ガジェット通信を≫

「Life is unpredictable(人生なんて、何が起こるか誰にもわからないってことさ)」。

オークランド在住22歳のRipu Bhatiaさんは、2015年髄膜炎菌性敗血症を患い、両手足を切断しました。これは、術後わずか30キロほどになり変わり果てた自分の体を目にした彼が、Instagramに写真とともに投稿した文言です。

変わり果てた自分の姿、けれど彼は夢だけは捨てることはしませんでした。

ソウルを伝えるのに
指なんて必要ないんだ

手も足も失ったし顔も歪んでしまった。だけど、できないことを嘆くよりもむしろできることにこれからは、もっと注力していかなければいけない。その考えに至ったとき、彼は10年来続けてきたギターを再び手にしました。

自ら改良した人工装具を短くなった両腕にはめ、ストリングスを弾くことで、22歳の青年は不可能を可能にすることを証明してみせたのです。

アコースティックギターによる演奏は、今年6月にオーストラリアの「Music Feeds」がYouTubeチャンネルに投稿したRipuさんの最新の動画です。エレキギターの方は、キース・リチャーズのカバー曲。

「ソウルを伝えるのに指なんているかい?」ギターの音色には、力強いメッセージが込められている!

Ripu Bhatiaさん(@ripubhatia)が投稿した動画 – 2016 7月 12 8:04午前 PDT

音楽は、生きる希望になる

以下は、「Music Feed」のインタビューに応えたRipuさんのコメントから抜粋したものです。

音楽は生きる希望になる──。彼の力強い言葉から、きっとこう感じる人は少なくないでしょう。

「この1年間は、これまでの人生で一度も経験したことのないチャレンジの連続だったんだ。最初、もう大好きなギターを弾くことはできないって諦めてた。でも、その事実を受け入れられずイライラする日々。だって、自分はただの一度だって音楽で大成できたわけじゃないし、まだそれを誰にも届けることすらできていないってね。

今の自分の体でできるギター奏法を見つけたとき、テクニックで人を魅了するより、もっとシンプルに自分らしい方法があるって気づいたんだ。自分でも満足しているし、弾いていて気持ちいい。こんな状況だってまだまだなんだってできる。みんなが絶対にムリって思うようなことだって」。

Reference:Music Feed
Licensed material used with permission by Ripu Bhatia

関連記事リンク(外部サイト)

世界的に有名なポップソングのほとんどを、1人の男が作曲している
ファレル・ウィリアムス制作指揮。映画『DOPE/ドープ!!』が7月30日に公開。その音楽に注目!
80歳の自分はなんて言うだろうか?Amazon創業者に学ぶ「決断」の極意

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP