ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

Niantic、Pokémon Go内の広告サービス「Sponsored Locations」の提供を検討

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
Pokémon Go の開発陣は、本作品で登場するポケストップやジムなどのリアルなロケーションに設置される仮想的なスポットを利用して収益を上げる広告サービス「Sponsored Locations」を提供する計画だと Financial Times が報じました。ポケストップやジムはランドマークや名所などの実際の場所に設置されますが、企業がお金を払って特定の場所にこれらのスポットを配置できるようにするのが Sponsored Locations です。Ingress でも行われている企業とのタイアップと似ています。Niantic の CEO である John Hanke 氏は、FT からのインタビューで Sponsored Locations は現行のアイテム課金に続く第二の収益化モデルとして実用化を検討していると明らかにしました。Source : FT

■関連記事
dポイント取扱店にNEXCO中日本のSA・PAが追加、7月20日より対応開始
Lenovo、エントリーレベルの3Gスマートフォン「Vibe A」をロシアで発表
Xiaomi、7月27日に製品発表イベントを開催、Mi Note 2を発表か?

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。