ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

夏デートにおすすめ!「東京ドームシティ」のサマーイルミネーションが話題♪

DATE:
  • ガジェット通信を≫

夏の夜のイベントと言えば、お祭りや花火が定番ですが、今年はサマーイルミネーションを楽しむのはいかが?

今回は東京ドームシティ ミーツポートの夏限定イルミネーションを紹介します。

キラキラの輝きがロマンチック満点なのはもちろん、ミストによる演出で夏ならではの涼しさも体感!

またイルミネーションを見ながら楽しめるビアガーデンもオープン!デートや女子会などにもおすすめスポットです。早速その見どころをチェックしましょう♪

東京ドームシティ ミーツポート

サマーイルミネーション「~海~」が開催

さまざまなイベント会場として人気の東京ドームシティ ミーツポートにて、毎年恒例のサマーイルミネーションが開催。

今年のテーマはズバリ「海」。都会にいながら、海中散歩しているようなイルミネーションが彩ります。

海中散歩をイメージしたイルミネーションがロマンチック!

昼間は爽やかにそよぐ木立をLEDでサンゴに見立てて、その間を魚たちが泳ぐように飾ったイルミネーションはまるで海の中にいるよう。

東京ドームシティ アトラクションズ側のスロープから眺めると幻想的な世界が広がります。夏の夜の涼やかな風に合わせて魚が揺れるので、海中散歩をしている気分に。

スロープからのサマーイルミネーション

サンゴの周りを魚たちが気持ちよく泳ぐ姿をイメージ。

フルカラーのライトアップとミストの演出で涼やかに

時間によってレインボーカラーが点灯し、さらにロマンチックに。

七色にイルミネーションがキラキラ輝き、空間を華やかに盛り上げます。

ベンチのあるエリアにはミストによる演出があり、暑い夏でも涼しさを体感できます。ゆっくり座ってリラックスするもよし、待ち合わせにも便利なスポットです。

時間によってフルカラーのイルミネーションが輝き、ロマンチックに。

イルミネーションデータ

期間/2016年7月1日(金)~9月26日(月)17時~24時(点灯開始時間は変動)

場所/東京ドームシティ ミーツポート3階 ガーデン

料金/入場無料

「ポートガーデンテラス」のビアガーデン

イルミネーションを見ながらビアガーデン!グリーンのアーチがお出迎え!

イルミネーションの隣に東京ドームホテル直営のビアガーデンがオープン!

冷たいビールとイルミネーションが楽しめるスポット「ポートガーデンテラス」。

歩き疲れてなんだかノドが渇いた!お酒を飲みたくなった!というときにおすすめ。グリーンのアーチが印象的なオープンテラスのレストランです。

イルミネーションを見ながら冷たいビールやフードメニューを楽しめるので、大人のデートスポットとして楽しめます。

グリーンのアーチを抜けると冷たいビールが待っている!

ホテル直営!飲み放題もプランもあり!

東京ドームホテル直営のビアガーデン「ポートガーデンテラス」。

カジュアルな雰囲気ながらホテルシェフが手掛けるフードメニューと共に冷たいビールを堪能できます。

飲み放題プランはもちろん、料理がプラスされたパーティプラン(要予約)も充実。爽やかな風を感じ、イルミネーションを見ながら仕事帰りに仲間同士で乾杯するのもいいかもしれませんね。

ホテルのシェフの味を気軽に楽しめるのがうれしい!

ビアガーデンデータ

期間/開催中~2016年9月30日(金)

※営業日・時間は月により異なります。HPの営業カレンダーを参照。天候やイベントによって休業及び営業時間が変更になる場合があります。

場所/東京ドームシティ ミーツポート3階「ポートガーデンテラス」

料金/飲み放題プラン1名2500円(4名以上 ※利用時間は2時間制)など

席数/148席(全席喫煙可)

問合せ/TEL 03-5805-3160

「ビアガーデン」の詳細はこちら

まとめ

いかがでしたか?「東京ドームシティ」のサマーイルミネーションとビアガーデンの情報をお届けしました。

冬のイメージのイルミネーションですが、ビアガーデンやミスト演出など夏ならではの楽しみ方ができるのはサマーイルミネーションの魅力。

夏の夜のイベントの一つとしてお出かけプランに加えてみては? 東京ドームシティ ミーツポート

TEL/03-5800-9999(東京ドームシティ わくわくダイヤル)

住所/東京都文京区後楽1-3-61

「東京ドームシティ ミーツポート」の詳細はこちら

※この記事は2016年7月時点での情報です

関連記事リンク(外部サイト)

SNSでシェアしたくなる!?見た目びっくりソフト&アイス【関西・中国・四国】
乗り物使って楽チン♪初心者OKのトレッキング5選【東海】

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
じゃらんニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP