体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

寝たきり高齢者を減らしたい!~若手医師夫婦が「認知症カフェ」で目指す未来

寝たきり高齢者を減らしたい!~若手医師夫婦が「認知症カフェ」で目指す未来

「認知症カフェ」というものを、ご存じだろうか?認知症患者やその家族、地域の人々、そして医師や看護師、介護福祉士などといった専門家が、認知症に関する情報を交換したり、交流を図ったりする場所のことだ。

認知症カフェは、厚生労働省による「認知症施策推進総合戦略(新オレンジプラン)」の施策として掲げられており、開催件数が全国で急増している。

そんな中、「認知症についての正しい知識を、もっと多くの人に持ってほしい」との思いから、認知症専門外来を持つクリニックを開業し、月1回ペースで「認知症カフェ」を開催し続けている若き医師夫婦がいる。認知症にかける2人の情熱の源泉と、実現したい未来について聞いた。

f:id:itorikoitoriko:20160714201226j:plain

目白MMクリニック

院長・内田暁彦さん/副院長・小野寺加奈さん

1日でも長く「その人らしい生活」を送るためにも、認知症を正しく理解してほしい

7月上旬、東京・目白にある介護付有料老人ホームの一角を借りて、目白MMクリニック主催の「認知症カフェ」が開かれた。参加者は約20名、認知症の患者とその家族、認知症への不安を抱えている高齢者、親の介護に悩んでいるミドル世代などだ。

この日は、認知症についての簡単な講義と、言葉のパズルゲーム、そして体操。認知症に関する不安や悩み、困ったことなどを自由に話し合う時間も多く取られ、皆活発に語り合っていた。そして笑顔で「また来月!」と帰っていく姿が印象的だった。

中心に立ってプログラムを進めたり、参加者と交流するのは、認知症専門外来を持つ「目白MMクリニック」の内田院長と、小野寺副院長夫婦だ。

「物忘れや無気力など、認知症の前兆が見え始めても、歳だから仕方ないと加齢のせいにしてしまう方が多い。生活習慣を見直すだけでも発症率はガクンと下がるのに、認知症に関する知識がないことで対応が遅れ、精神症状が悪化し、対応し切れないままに最終的には寝たきりになってしまう方も多い。『その人らしい生活』を長く送るためにも、まずは正しい知識を持ってほしい」(小野寺さん)との思いから、認知症カフェをスタート。今回が6回目の開催になるが、徐々に参加者が増えつつあるという。

f:id:itorikoitoriko:20160714201228j:plain

▲「認知症カフェ」の模様。認知症についてざっくばらんに話し合うことで、認知症への理解につなげている

医療現場で「医師がもっと認知症に関する理解を深めるべきだ」と痛感

2人とも医大を卒業後、初期研修で精神科の道を選び、その現場で「認知症問題の深刻さ」を目の当たりにしたという。中でも小野寺さんは、早くから認知症に特化し、経験を積んできた。

「認知症の初期症状の一つとして精神的に不安定になることがあるため、精神科には高齢者の患者さんがたくさんいらっしゃいました。でも、当時の精神科では、認知症に対する理解が今ほど進んでおらず、ほかの精神疾患の患者さんと同じように精神症状を抑える薬を投与することが多かったんです。すると、場合によっては薬が強すぎて、精神症状は抑えられたものの寝たきりになってしまうというケースがありました。…実は認知症は、未だに『どの科が診る』という規定がなく、病状によって神経内科だったり精神科だったり、脳外科、内科だったりとまちまちなのですが、精神科の医師こそがもっと認知症という病気を正しく理解するべきだと痛感させられました。そこからは、認知症一筋。さまざまな病院で現場経験を積み、認知症に関する知見を深めてきました」(小野寺さん)

1 2次のページ
リクナビNEXTジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。