体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

浅草といったら雷門!歴史から周辺グルメまで魅力をご紹介

浅草といったら雷門!歴史から周辺グルメまで魅力をご紹介
Photo credit: Shohei Watanabe「浅草」

Photo credit: Shohei Watanabe「浅草

Compathy MagazineのMeiです。国内、海外問わず大人気の観光地の東京・浅草にある雷門! 浅草の玄関である雷門は、魅力がいっぱいつまった場所なんです。雷門の魅力から歴史、周辺グルメまでご紹介します。

浅草のランドマーク!雷門とは?

Photo credit: 山田哲也「のんびり旅」

Photo credit: 山田哲也「のんびり旅

浅草の玄関である雷門。毎日多くの観光客で賑わう東京の名所です。浅草のランドマークである雷門は実は、通称。正式名称は風神雷神門といいます。「雷門」と書かれた赤い提灯は日本だけでなく、世界的に有名な浅草のシンボル! なんと重さ約700キロもあるんです。浅草寺の総門である雷門周辺には食べあるきにぴったりの、美味しいグルメもたくさん!

日本のあの企業と関係が…!雷門の歴史

浅草寺の総門である雷門は東京都の台東区浅草にあります。天慶5年(942)平公雅(たいらのきんまさ)によって創建されました。その後家事によって消失し、昭和35年(1960)に松下電器(現在のPanasonic)の創始者、松下幸之助氏によって復興再建され、現在の雷門の姿に! 浅草のランドマークになっています。

巨大な赤い提灯に目を奪われる!雷門の魅力とは?

Photo credit: 今入庸介「浅草〜ソラマチ」

Photo credit: 今入庸介「浅草〜ソラマチ

雷門と言ったら、赤い提灯浅草のシンボル! 高さは3.9m、直径は3.3m、重さはなんと約700kgもある巨大な提灯なんです。大きく雷門と書かれた提灯は世界に誇る、浅草のランドマークです。提灯の右側には風神の像、左側に雷神の像が建っています。雷門周辺には食べあるきにぴったりの、美味しいグルメもたくさんあるので、昼間〜夕方にかけていくのがオススメです!

名所がいっぱい!雷門の見どころ

雷門には名所がいっぱいあるんです!存在感のある赤い提灯はもちろんのこと、風神像や雷神像も雷門の見どころのひとつ。雷門の見どころをご紹介します。

風神像と雷神像

赤い提灯の両サイドに、門に向かって右手に風神像、左手に雷神像が配されています。風神とは「風を司る神」で、雷神とは「雷を司る神」。何度か火事に見舞われているので、現在残っている風神・雷神像は、1960年に補修されたものなんです。

浅草のランドマーク赤い巨大提灯

1 2次のページ
Compathyマガジンの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会