ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

格安SIM利用者 音声付きが5割超え、高い満足度だが速度に不満も

DATE:
  • ガジェット通信を≫

モバイル専門の調査会社MMD研究所は7月13日、「2016年7月格安SIMサービスの利用者満足度調査」に関する調査結果を発表しました。
今回の調査は、格安SIMサービス利用率上位8サービス(楽天モバイル、OCNモバイルONE、IIJmio、mineo、BIGLOBE SIM、イオンモバイル、DMMmobile、BIC SIM)を利用する15歳から69歳の男女1,638人を対象とするもの。

利用しているデバイスと契約プランの組み合わせについては、「スマートフォン・音声プラン」が8サービス全体で53.1%となりました。次いで「スマートフォン・データ通信プラン」が29.1%、「タブレット・データ通信プラン」が9.2%となりました。このうち、楽天モバイルとイオンモバイルでは「スマートフォン・音声プラン」の組み合わせが他のサービスのよりも高く、ともに7 割を超えているとのこと。

この点に関して、音声通話契約の割合が高いことから、楽天モバイルとイオンモバイルではメインの回線として利用するユーザーが多いという状況がうかがえます。

それぞれのサービスに決めた理由を複数回答で聞いたところ、「月額料金が安いと思った」が81.0%で最も高くなりました。次いで「データが繰り越せる」が31.4%、「通信速度が速いと思った」が25.6%、「大手で安心ができると思った」が23.4%となりました。その他、「ポイントがたまる」(楽天モバイル)や、「WEBの記事での評判が良かった」(IIJmio)、「複数のキャリアから選べる」(mineo)などの特色もでているそうです。

また、8サービス全体の総合満足度は、「とても満足」と「やや満足」を合わせて70.7%に達しています。ユーザーの満足度が最も高かったのはIIJmio で78.6%が満足と回答。次いでmineo とDMM mobile が同率で72.1%、OCN モバイルONE が70.5%で続きました。

一方、通信速度については、サイト閲覧や動画のダウンロード/ストリーミング、アプリのダウンロード/アップデート時など、8 サービス全体で64.6%のユーザーが遅さにストレスを感じているとの結果になりました。

(文:SIM通編集部)

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
SIM通の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP