ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

イードとシータが事業提携を発表、アイドル実写映像に特化したVR映像配信プラットフォーム「EINYME」サービス開始

DATE:
  • ガジェット通信を≫

イードは、VR映像を活用したメディアビジネスやプロモーション企画をシータと共同で展開、さらに高品質なVR映像制作の共同研究開発を行う事業提携を発表した。

イードは、20ジャンル48メディアを運営し、多業種における顧客へのマーケティングサービス、コンテンツ支援を実施しており、メディアプラットフォームの豊富な運営ノウハウを有している、コンテンツマーケティング企業。

シータは、コンテンツマーケティング分野において豊富な知見をもつイードとの本提携の第1弾として、コンテンツ制作を共同研究開発。アイドルの実写映像に特化した高品質なVR映像配信プラットフォーム・サービス「EINYME」公開した。

「EINYME」は、アイドル映像に特化した実写VRコンテンツを配信するプラットフォームとなっており、アイドル達とVR空間で触れるような、ドキドキ体験ができる映像を配信していく。

無料会員登録の後、パソコンでコンテンツをダウンロードすると「Oculus Rift」、または「Gear VR」にて視聴可能となる。現在、一部のコンテンツを無料配信中で、公開されている映像では、アイドル達が実際に目の前に存在するように感じられる新しい体験を提供している。さらに、ヘッドフォンを使用することで臨場感があふれる立体音響でも楽しむことができる。

シータでは、コンテンツマーケティング分野において豊富なノウハウと優位性をもつイードとの本提携を皮切りに、実写VR映像の制作および販売プラットフォームの領域でナンバーワンを目指すとともに、VR映像を活用したメディアビジネスやプロモーション企画を共同で展開、さらに高品質なVR映像制作の共同研究にも取り組んでいく。

関連リンク

イードhttp://www.iid.co.jp/
シータhttp://www.thetacorp.jp/

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP