ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「越境者」戸井十月が遺した日本人へのメッセージ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

【書評】『戸井十月 全仕事 「シャコタン・ブギ」から「五大陸走破」 まで世界を駆け抜けた作家の軌跡』/『戸井十月 全仕事』編集委員会編/小学館/本体3000円+税

戸井十月(とい・じゅうがつ) 1948年~2013年。東京都生まれ。武蔵野美術大学中退後、作家、ルポライター、映像ディレクターなど様々な分野で活躍。バイクを主な移動手段として世界を回り、その走行距離は30万kmに及んだ。公式HP「越境者通信」は今も続く。

 3年前、64歳の若さでこの世を去った作家・戸井十月。本書はその生涯にわたる仕事の中から主要な作品60以上と、戸井と関わった周囲の人々100人近くの証言を収録したものである。

 戸井が取り組んだ仕事の分野は実に多岐にわたる。イラストレーターとしてマスコミにデビューし、NHK「若い広場」などテレビ番組の司会・レポーターを務め、暴走族のリーダーたちをルポした『シャコタン・ブギ 暴走族女リーダーの青春』で話題を呼び、自らも企画に参加した映画『爆裂都市 BURST CITY』に出演し、数々の小説を書き、世界中をバイクで縦横断し、国内外の人物のインタビュー・評伝を手掛け……といったように、分野の枠を越え、縦横無尽に駆け抜けた。

 著書の書名を借りれば、戸井はまさに〈越境者〉だった。戸井が生涯に海外取材で訪れた国は63か国を数え、文字通り国境を越え続けた。また、証言者の数とその幅の広さが示すように、人間関係においても垣根を作らなかった。

 戸井の作品の中で、特に今、読む意義があるのは紀行文学ではないだろうか。今は全てがスマホの中にあると錯覚されるが、戸井はそれとは対照的に自らの肉体で地を這うように世界を回り、生身の人間と出会い、語り合った。だからこそ、戸井の作品は世界の本当の面白さを伝えてくれる。

〈もっと現実の世界を直接見たい。生身の人間たちと直接出会いたい……。未知の世界を知れば知るほど、もっと知らない世界があることを知らされる。だから、旅をすればするほど旅への想いは募っていく。旅とは、そういうものだ〉

 本書には、委縮し、閉塞した時代へのメッセージが詰まっている。

※SAPIO2016年8月号

【関連記事】
「金持ちもボタ餅は3つしか食えない」水木しげる夫婦の名言
大学入学後に失明した著者が知られざる点字の世界を綴った本
赤毛のアン舞台 カナダのプリンス・エドワード島を辿る一冊

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP