ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

池上彰氏「投票前に選挙特番放送して」の意見に反論

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 与党の圧勝で終わった今回の参院選。各局は選挙特番を放送したが、なかでも話題となったのがジャーナリスト・池上彰氏が司会を務めた『TXN選挙SP 池上彰の参院選ライブ』(テレビ東京系)だ。政治家たちに鋭い質問を浴びせる様子は「池上無双」と呼ばれていたが、その矛先は与党はもちろん野党にも向かった。池上氏が、民進党・岡田代表とのやりとりを振り返る。

 * * *
 野党は1人区では統一候補を立てましたが、その野党第1党・民進党の岡田克也代表の戦い方には疑問を持ちました。岡田さんは選挙活動中、地元・三重で擁立した候補が落選した場合、次の代表選挙には出ないと言っていました。一選挙区の候補の当落に自分の進退をかけるというのは、野党第1党の党首としての自覚があまりにもないのではないかと思ったんです。

 その問いに対する岡田代表の答えは「全体の判断とは切り離して、考えているわけです」。意味をつかみ損ねたので、三重でさえ勝てば他の選挙区では負けても代表を続けるのかと重ねて聞いたところ「そんなくだらないこと、私、言った覚えはありませんから」と、半ばキレられてしまいました。よほど突っ込まれたくなかったに違いありません。

 今回の参院選の番組に対しては「投票前に放送してほしかった」という声もいただきました。しかし、選挙の公示後に、特定の政党を大きく取り上げたり、個別の候補者に注目したりする番組を作ることは、放送法で禁じられています。全政党を平等に取り上げて議論が盛り上がるわけがない。現行ルールでは難しいといわざるを得ないですね。

 参院選は終わりましたが、私たちは憲法をどうするか、大きな議論になるのはこれからです。どうか、一人ひとりが、選挙の直前以外の期間も政治にもっと関心を持ってほしいと思います。

※女性セブン2016年7月28日号

【関連記事】
衆院落選議員 参院へ鞍替え図るのは借金苦から逃れる側面も
衆参ダブル選挙 18歳選挙権拡大が混乱の大きな火種に
衆参ダブル選挙 NHKで長時間政見放送流れることに

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP