ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

三遊亭円楽「放任主義の母ちゃんが持ってきた真打のご祝儀」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 いくつになっても男にとって母親の思い出は甘美なもの。落語家の三遊亭円楽(66)が現在95歳となった母との思い出を語る。

 * * *
 二ツ目の頃までは母ちゃんも高座を見に来てくれた。でも「ひやひやするよぉ。子供がしゃべっているとトチるんじゃないかと、まわりばっかり見ちゃった。だからもう行かない」って(笑い)。放任主義だから、師匠の弟子になるよと言った時も「そうかい」で終わり。

 その後も「頑張れ」とか言わない。六代目の襲名についても別に話をしないね。だけど真打披露の時に誰よりもご祝儀を持ってきてくれたのが、母ちゃんだったんだ。

 昔の人はそういう時のために、金を貯めていたんだね。それでも何もいわねぇんだよ。「受付に預けてきたよ」ってだけ。精算をすると、「ん!?」ってね。キザなんだよねぇ。贈与税がかかるくらい、黙って置いていった(笑い)。

 俺の名前が「やすみち」で、子供の頃は「ちーくん」。噺家になってからは、「楽太郎」にちなんで「楽ちゃん」になって、それは今も変わらない。

 母ちゃんは今千葉で兄貴と暮らしているんだけど、95になっても酒好きでね。一升のパック酒があると、10日くらいでなくなっちゃうんだよ。朝晩なめながら飲んでるって。

 先代の師匠と、『笑点』の終身名誉司会に落ち着いた桂歌丸師匠を、実の父とは違う“ふたりの父”と言うんだけど、母はひとりだな、やっぱり。父親は引っ張ってくれるけど、母親はサポーター。身二つになるのは、母親しかいないよね。産みの親が母ちゃんなら、育ての親が先代や歌丸師匠なんだね。

 母ちゃんにはもう感謝しかない。だから菩提を弔う準備はできているんだ。お経のひとつでもあげられないと、と思って坊さんの資格を取ったんだよ。

●さんゆうてい・えんらく/東京都生まれ。1970年、青山学院大学在学中、五代目三遊亭圓楽に入門。1977年、27歳で『笑点』大喜利メンバーに。1981年、真打昇進。2010年、三遊亭楽太郎改め、六代目三遊亭円楽を襲名。

※週刊ポスト2016年7月22・29日号

【関連記事】
三遊亭円楽 母が泣いて謝るのを見て万引きがダメと判った
玉木宏やメールの件名に関するお母ちゃんからのおバカメール
三遊亭鳳楽 独特のリズムでまったりとした空気感を醸し出す

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP