ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

国も力を入れる話題の『着地型観光』とは!?一味違う体験で連休を満喫

DATE:
  • ガジェット通信を≫

従来の「観光旅行」と言えば、行き返りの交通手段の手配、宿泊所、現地で有名な観光地を巡るなど、旅行会社が企画した「発地型観光」が主流ですが、現在、「着地型観光」なる旅行が話題を集めているのをご存知ですか?

 


月刊 事業構想
近年、注目を集めているのが「着地型観光」だ
Fujisan.co.jpより

 

「着地型観光」とは…

今までの「発地型観光」との大きな違いは、ツアーの内容を旅行会社の人が提案するのではなく、地元の人がすること。

 

そして参加者は現地集合、現地解散。地元の人しか知らないディープな現地が知れると言うことで、人気を集めているようです。

※参考 観光庁観光地域振興部観光資源課HP
http://www.mlit.go.jp/kankocho/page05_000044.html

 

では、実際にどんな「着地型観光」があるのか、ご紹介しましょう。

 

静岡は食の宝庫

HP http://www.rayline.co.jp/landing_type_trip/s_treasure_h_meals/

 

静岡は「わざび」の日本発祥地、「まぐろ」の水揚げ日本一、「お茶」はいわずとしれた日本一の生産地、「桜えび」は駿河湾だけでとれるエビ、「しずおかおでん」は真っ黒いおつゆで、B級グルメの代表「富士宮やきそば」等々、 おいしい静岡の生産地や製造現場見学、さらに収穫、体験などを行う、地元の食に特化したツアー。

あの人にあいたい(静岡人材図鑑)

HP http://www.rayline.co.jp/landing_type_trip/st_person_illustrated_book/

 

きらりとひかる職人をめぐるツアー。

「東京の某有名菓子店の主人が直接買い付けにくるメロンづくり職人」「お茶のことならなんでも知っている天才茶師」「この人に会うだけで元気いっぱいになっちゃう牧場の社長」等、地元で有名な『人に会いに行く』をテーマに企画しています。

静岡ミステリースポット

HP http://www.rayline.co.jp/landing_type_trip/smystery_spot/

 

徳川家康のお骨は、日光ではなく、家康をまつる「久能山東照宮」にある!?…東照宮の宮司さんの案内で巡る特別ツアーは、ミステリー満載。

かんなタラソ沖縄・ダイエットプログラム

HP https://www.jtb.co.jp/healthtourism/tour/program2.asp

 

ナトリウム・マグネシウム・カルシウム・カリウム・ヨードなどのミネラル分が豊富に含まれている「海洋」。

「海洋」は、新陳代謝・脂肪分解を促進するなどの美容効果や心身のバランスの崩れからくる各種疾患の予防など、医学的な面でも効き目があると近年注目されてます。

 

そんな、「海洋」の特性を最大限に活用したダイエットプログラムツアー。

フィルムツーリズム

HP http://fc.ccb.or.jp/tourism/

 

映画やテレビ番組などの舞台となったロケ地や、原作の舞台をめぐる旅として人気。

例えば、福山雅治主演映画「真夏の方程式」、TBS「とんび」、ドラマ「孤独のグルメ」、他にもアニメ「夏色キセキ」聖地巡礼なども。

 

 

その地を良く知る現地住民が厳選した場所や人に会えるのは、この『着地型観光』ならでは。

『着地型観光』は、株式会社レイラインやJTBヘルスツーリズム研究所などの旅行会社でも扱っていますが、地元の観光課などでも企画し募集しています。

 

今年の夏休みは、ちょっと趣向を変えて『着地型観光』をしてみては如何ですか?

カテゴリー : エンタメ タグ :
マガジンサミットの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP