ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「スタートで“出遅れる”経験」は会社員のうちに!?

DATE:
  • ガジェット通信を≫


「サラリーマンから実家の跡を継いだ人」を追う本連載。今回は、浅草は雷門のほど近くで大正11年創業の老舗「ときわ食堂」を営む牧 信真さんに話を聞いた。元は経営コンサルティング会社に勤務していた牧さんのサラリーマン時代の経験は、今の仕事にどう生きているのだろうか。

【もっと大きな画像や図表を見る】

「継ぐつもり」から一転、経営コンサルへ

牧さんの地元である浅草には、老舗が多い。大学を卒業後、すぐに家業を継ぐ幼なじみも珍しくなかった。

「祖母には『家を継ぐものだ』と小さい頃から言われ続けていました。いわば、刷り込まれていたと言えます。だから、自分でも店を継ぐものだと思っていましたね。ただ、父からは常々『店を継ぐなら1回は外の世界を見なさい』と言われていました」

自分では継ぐつもりでいたため、その時になったら活かせるように外食産業も考えた。ただ、ITや経営にも興味があった。いろいろ考えた末、経営コンサルティング会社へ就職する。

家業と会社との“価値観”の違いに戸惑った会社員時代

コンサルティング会社の顧客は、主に上場企業。入社した当初は、「ついていけていなかった」と牧さんは言う。

「本当に若僧で、戦略や事業計画、財務などの重要性がよくわかっていませんでした。生まれ育った環境と価値観が違うのはもちろん、知識不足もあって、わからないことから逃げていたような気がします。今思えば怒られて当たり前のことなのに、ふてくされたりしていました」

そんな牧さんの意識を変えたのは、ある企業の立ち上げに関わった仕事だった。

「もともとクライアントだった企業が、グループ会社を立ち上げる際にコンサルティングを担当しました。立ち上げの担当者も同じ年代で、一緒に頑張っているうちに真剣に仕事に向き合えるようになってきたんです。夜中まで苦楽を共にしたことでやりがいを感じました」

ただ、同期が相次いで昇格していくなか、スタートで出遅れた分なのか、牧さん自身はその波に乗れなかった。前向きな理由だけではないものの、入社3年にして会社を辞め、家業を手伝うことにした。

「提案するだけ」のコンサルから「一緒に動く」経営者へ

専務として実家に戻った牧さん。子どもの頃から店の手伝いはしていたものの、料理の修業をしていたわけではなく、料理人である父と同じ道では貢献できない。洗い場からスタートして少しずつ学びながら、コンサルティング業で身につけた経営スキルを活用していく。

「経営という観点で言うと、店が“なっていない”ところはたくさんありました。だから、コンサルティングのように、スタッフを指導するばかり。ところが、僕自身がまだ信頼を得られていないため、すぐに動いてくれません。父の言うことは聞いても、僕の言うことは聞いてくれないんです」

スタッフとの確執があったわけではないが、思うように動いてくれない現実があった。ただ、コンサルティング業と、自分の会社の経営は違う。指導するだけでなく、「一緒にやる」ことが大事だと、少しずつわかってきたという。

結果、売上は右肩上がり。2013年に社長へ就任し、同年に居酒屋「権」もオープンした。これまでの昼の食堂とはノウハウや客層も異なるが、経営は順調だ。

会社員だからこそ「世の中のスピード」を感じられる

父親の言葉どおり外の世界を見たことは、牧さんにどのような影響を与えているのだろうか。

「うちのような古くからあるお店で働いていると、世の中はずっと変わらないような錯覚にとらわれてしまいますが、本当はすごい速さで変わっています。会社員の時にそのスピード感を身につけられたのは大きい。世の中の流れに気づかないままだと、ある時、急に店が立ちゆかなくなってしまうかもしれません」

奇しくも、自らが「ついていけなかった」と強く感じた体験から、世の中のスピードを理解した。長期的にビジネスを存続させるためには、なくてはならない感覚なのだろう。

(栃尾江美/アバンギャルド)牧 信真(まき のぶまさ)
1978年、東京都出身。明治大学経営学部卒業後、2002年にレイヤーズ・コンサルティングへ入社。セキュリティ会社の新規立ち上げなどに関わる。2005年、ときわ食堂を経営する株式会社ときわの専務に。2013年に代表取締役となり、同年に日本酒居酒屋「権」をオープン。趣味はバスケットボールとスキー、映画鑑賞

(R25編集部)

「スタートで“出遅れる”経験」は会社員のうちに!?はコチラ

※コラムの内容は、R25から一部抜粋したものです
※一部のコラムを除き、R25では図・表・写真付きのコラムを掲載しております

関連記事リンク(外部サイト)

原価率でみる! 外食“コスパ”ランキング
「好きなことを仕事にするな」はウソだった?
減ってほしくない昭和な店 1位は
のぼり、入り口…飲食店の「アタリハズレ」見抜く方法
連載「後継者は語る!」の記事一覧

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
R25の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP