ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ママたちに休みはない!5割のママが実感!

DATE:
  • ガジェット通信を≫


育児に、家事に、仕事に。忙しい毎日を送るママたちは、休む暇もないほど、動き回っています。ママの休日について、興味深い調査をみつけました。象印マホービン株式会社が2015年に行った、「主婦の休日感に関する調査」というものがあります。この調査を参考に、ママと休日について、見ていきましょう。

【もっと大きな画像や図表を見る】

●ママたちの5割以上が…
毎日忙しく動き回り、働き者のママたち。自分の休みについて、どう思っているのでしょうか? TOP3はこちら。

□あなた自身は、主婦業から一切解放される日がありますか?(有効回答:600)
1位:まったくない(50.2%)
2位:あるが非常に少ない(39.0%)
3位:結構ある(7.2%)

本調査は、仕事の有無、未就学児の有無で4つのグループにわけて行われていますが、いずれのグループも平均的におよそ半数が「休みはまったくない」と感じているようです。また2位の「あるが非常に少ない」と合わせると、およそ9割のママたちは、休みに関して不満を持っているということになりますね。

●ママたちが望む、主婦業の給与は?
炊事・洗濯・掃除など、たくさんの家事をこなし、さらに子どもやパパのお世話まで…。ママたちには、休日がないばかりでなく、ほとんど気の休まる時間もありません。単純に、時給1000円のバイトだとしても、かなりの額になるはず。しかし、実際はそんなものはありません。もし、主婦業で給料がもらえるとしたら? 以下にまとめました。

□主婦に給料があったら? TOP3
1位:10万~15万円(17.5%)
2位:20万~25万円(17.0%)
3位:30万~50万円(15.7%)

ちなみに、平均は15.5万円。多くのママは、意外にも現実的な値段設定のようです。

●ママたちが休日をとるために
ママたちが休日をとるために必要なもの。それはいったい何なのか? ママたちは、このように考えています。

□休日をとるために必要なものは? TOP3
1位:自由になる時間(62.3%)
2位:夫の理解や協力(61.2%)
3位:金銭的余裕(61.0%)

時間やお金は、自分の気持ちだけでどうにかできるものではないかもしれませんね。しかし、夫の理解や協力だけは、今すぐにでも改善できるものではないでしょうか?

こうしてみると、あらためてママたちの苦労がわかりますね。いつもママにまかせっきりのパパたちは、何かひとつだけでも、自分の力でやるようにしてみてください。ほんの少しでも、ママが楽になるかもしれませんよ。
(文・明日陽樹/考務店)

記事提供/ママの知りたいが集まる『mamatenna(ママテナ)』
(R25編集部)

ママたちに休みはない!5割のママが実感!はコチラ

※コラムの内容は、R25から一部抜粋したものです
※一部のコラムを除き、R25では図・表・写真付きのコラムを掲載しております

関連記事リンク(外部サイト)

悲劇!?「母の日に」1人ぼっち!
働くパパの育児参加 本音は?
夫婦の幸福度、キーワードは『クックパパ』?
新たな育児ハラスメント「パタハラ」ってなに?
自営業の夫&専業主婦&子3人のリアル家計簿

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
R25の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP