ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ジミーチュウの創業者タマラ ・メロンの自叙伝映画『In My Shoes(原題)』が製作進行中

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ワーキング・タイトル・フィルムズは、シューズブランドのジミーチュウの創設者の1人であるタマラ・メロンの自叙伝『In My Shoes(原題)』(2013年出版)をもとにした映画を製作中だ。

ロンドンを本拠地とする製作会社ワーキング・タイトルが、同作の監督を探しているところだ。また、ローラ・ソロン(テレビシリーズ『Hot in Cleveland(原題)』)が脚本を執筆した。

ティム・ビーヴァンとエリック・フェルナーがプロデューサーを務め、ワーキング・タイトルのルーカス・ウェブが監修を担う。

メロンは、1990年に英版ヴォーグ誌のアクセサリー・エディターとなり、靴職人だったジミー・チュウに既製靴のブランドを立ち上げるアイデアを持ちかけた。そして、チーフ・クリエイティブ・オフィサーとして、2001年までに100店舗以上を展開するラグジュアリー・ブランドの共同創設者となった。2011年にラベルクス・グループが同社を買収し、メロンは同ブランドから離れた。

メロンは、英国ビジネス・アンバサダーとなり、英国女王から大英帝国勲章を授与された。自叙伝には、ロンドンやビバリーヒルズで過ごした時代から、騒々しく崩壊した家庭、不安症やうつ病との闘い、治療入院について書かれている。

ワーキング・タイトル・フィルムズは、レニー・ゼルウィガー主演の映画『ブリジット・ジョーンズの日記 ダメな私の最後のモテ期』のポストプロダクションを手掛けている。同作は、米ユニバーサル・ピクチャーズより9月16日に米劇場公開となる。

このニュースは、Deadline Hollywoodが最初に報じた。

カテゴリー : エンタメ タグ :
Variety Japanの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP