ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

冷え性にさよなら! 女性に嬉しい体を温めるフルーツ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

フルーツはビタミンやミネラルがたっぷりと含まれていて、美容にも健康にもGood。でも、フルーツの種類によっては、体を冷やしてしまうことをご存知ですか? 夏場でも、効きすぎたクーラーなどによる冷え性に悩む女性は多いもの。体が冷えると血行が悪くなり、肌荒れやお肌のくすみなどにもつながってしまいます。体を冷やすフルーツは避けて、体を冷やさないフルーツを食べてみてはいかがでしょうか。

【リンゴ】

「1日1個のリンゴで医者いらず」と言われるほど健康にいいフルーツ。リンゴには水溶性食物繊維のペクチンが含まれており、便秘を解消する効果はもちろん、コレステロールと血圧を下げる効果もあるのです。最近の研究では、リンゴに含まれるリンゴポリフェノールに内臓を減らす働きがあることが分かってきました。リンゴはダイエットにもピッタリのフルーツなんですね。

【ブドウ】

ブドウの主成分は果糖とブドウ糖。エネルギー源になるフルーツなので、夏場の体力が消耗した時にこそ食べて欲しいフルーツです。皮が黒色や赤色のブドウには、ポリフェノールの一種のアントシアニンが豊富に含まれています。抗酸化作用でアンチエイジング効果も期待できるので、夏場は特にせっせとブドウを食べましょう。

【オレンジ】

オレンジには体を冷やすイメージがありますが、実は体を温める効果があると言われているのです。ビタミンCも豊富に含まれているので、風邪を引いた時にオレンジを食べれば、ビタミンCとの相乗効果で風邪が早く治ると言われています。オレンジにはビタミンCのほか、ビタミンB1、B2、カルシウム、ナトリウム、鉄分、リンといった栄養素がバランスよく含まれていて、疲労回復にも効果的です。

【さくらんぼ】

さくらんぼには体を温め、新陳代謝を良くしてくれる働きがあります。ビタミンA、C、カルシウム、カリウム、鉄分、リンなどの栄養が含まれていますが、特に鉄分とカリウムはフルーツの中でもトップクラス。貧血やむくみの解消に効果的です。ただ、さくらんぼは旬の時期が限られています。もし、旬の時期に大量に手に入れることができたらさくらんぼ酒などを作っておくのもいいかもしれませんね。

体を温めるフルーツは、寒い地域で収穫されるフルーツです。反対にスイカやパイナップル、マンゴーなど温かい地域で収穫されるフルーツは体を冷やす働きがあります。冷え性が悩みの方は、体を冷やすフルーツはほどほどにした方がいいかもしれませんね。

writer:岩田かほり

カラダにキク「サプリ」の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP