ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

お医者さんへの説明がスムーズに!「様子がおかしいな?」と思ったらメモ&画像がオススメ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

我が家のひとり娘は、とても健康体。私もいたって健康なので、あまり病院とは縁がない。そのため、病院にいくこと自体慣れていません。

そんな健康なわが子ですが、3才になる現在までに数回病院でお世話になっています。

肌に発疹が出たとき、RSウイルスにかかったときです。

いずれも、大事には至っていないのですが、その数回の通院で学んだことを記します。病院に慣れていないママの参考になればうれしいです。 関連記事:里帰りから戻ってきたら急いで探すべきは「かかりつけ医」。先生の人柄、相性、規模…何を優先すべき?

まずは、RSウイルスにかかったとき。

1才半の頃、鼻水と咳が出てちょっと苦しそうだったので、「風邪引いたかな?」という感じで、病院に連れて行きました。お薬をもらって1週間様子を見ることに。

5日くらいたっても、咳や鼻水は治らず、少し悪化しているようにも見えました。さらに、うんちにちょっと血のようなものが混じっているのを発見!

これは、様子を見ている場合ではないと、焦る私。

ちょうど年末だったこともあり、休みに入る前に、と慌てて再度病院へ。

近所の病院では検査ができず、大きな病院を紹介されました。もう、この時点でドキドキ。息苦しそうな娘を抱えて、病院のはしご。

その病院の先生から、矢継ぎ早に質問され、あわあわ。

「お母さん、いつから咳が出て、熱がどれくらいか、メモしておくといいですよ」

と言われ、なるほど~。と納得。

さらに「血便の写真撮った?」と聞かれたものの、もちろん撮っていません。

気軽に携帯で撮れるんだから、撮っておくと血便の量がどれくらいか一目瞭然だよ、とアドバイス。再び、なるほど~、と大納得。

結局、RSウイルスだったことが判明。悪化することはなく終息してくれたので、無事に年を越すことができました。

ほかにも、肌が弱い娘は冬や夏場に発疹のようなものができやすい体質。乾燥や汗で肌が荒れるようで、かゆくなるので、このことで病院へなんどか行きました。

特にお風呂上りは赤味が強くて毎回かゆそうにしているのでかわいそう。

病院の先先に見せるときは、昼間なので赤みはなく、状況を口頭で説明しました。

そのときも、案の定

「写真を撮っておいて」

と言われました。またうっかり、写真を撮るのを忘れた私…。

血便が出た時や、発疹がでたときなどは、先先に説明するのに写真があれば、確かにわかりやすい。

それと、熱や咳がいつからはじまったのか、簡単にメモしておくのも大切。

咳が1週間続いているのと、2週間続いているのとでは、結構違うし。日々の生活に追われていると、日にちの感覚も鈍ってくるので、簡単にメモしておくのをおすすめします。メモをとるという行為で自分も少し冷静になれますよ。

我が子のようすがいつもと違うな、と思ったら、メモや写真を撮っておくことで、病院での説明がスムーズになります。

先生に病状が伝わりやすいので、より適切な処置をしてくれるはずです。お試しあれ! 関連記事:2歳児だって泣かずに予防注射できる!子どもを病院嫌いにさせないために、親ができる3つのこと

著者:ノンちゃん

年齢:39歳

子どもの年齢:2歳8か月

元へっぽこ編集者。現在は頼まれればなんでも書いちゃう、フリーライター。4月から2才の娘が保育園に通いはじめたばかり。慣れない保育園に戸惑うのは母ばかり。本人はいたって楽しそうな毎日です。訳あってシングル&実家田舎暮らしのアラフォー母ちゃん。Wワークで仕事探し中。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。

関連記事リンク(外部サイト)

二回目の突発性発疹
娘が「ダウン症の疑い」。告知を受けて退院、そして大病院での確定診断<前編>
娘が「ダウン症の疑い」。告知を受けて退院、そして大病院での確定診断<後編>

赤すぐnet みんなの体験記の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP