体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

今話題の「スーパーフード」その魅力と今後注目の厳選3品!

政治・経済・社会
今話題の「スーパーフード」その魅力と今後注目の厳選3品!

“スーパーフード”って何?

少し前から話題沸騰中の「スーパーフード」。
「スーパーフード」とは、植物由来だけでなく鮮魚や青果などまで幅広く、健康に良い栄養分を豊富に含む食品または加工食品のことで、近年では大変注目されています。
ここでは、「スーパーフード」のイロハから正しい採り入れ方など、お話ししていきます。

いわゆる「スーパーフード」は、上記のように栄養素を豊富に含む食品と言われており、私たちの身近にある食品から、日常的に手に入れにくい食品・製品 まで様々あります。
実は、「スーパーフード」については明確な定義がありません。(そのためここでは、“「スーパーフード」”と表記します。)
身近にある食品でいえば、例えば、ホウレンソウ、豆類、サツマイモ、サーモン(鮭)、ナッツ類、ホールグレイン、ベリー類などで、これらは一般的に「スーパーフード」と言えるとされています。
このようなことから、実は、「スーパーフード」とは、“何か特別なもの”ではありません。

欧米発の“スーパーフード”と、日本での高まり

アメリカ、ヨーロッパ、オーストラリアなどの先進国ではずいぶん前から「スーパーフード」と呼ばれる食品が出てきており、特にアメリカでは2004年ごろから話 題でした。
日本では、ココナッツオイルやアサイ、チアシードなどの製品が入ってきたことにより、その言葉や概念よりも製品のほうが先にメジャーになりました。
このココナッツオイルなどをはじめとして、健康・美容意識の高い層に特に人気となりました。

また、諸外国でも日本でも明確な定義がないだけでなく、公的認証もありません。
これにより、製造メーカー側が明確なデータを提示して説明するのはもちろんのこと、消費者も製品をきちんと見極めることが大切です。

“スーパーフード”の正しい摂り入れ方

簡単に言えば、「スーパーフード」は健康によい栄養素が豊富な食品ですが、栄養素が豊富だからといって、それ単体のみを食することはおすすめしません。
バランスの良い食生活を心掛けることを前提に、不足しがちな栄養素や病気の予防となりうる栄養素を、「スーパーフード」など普段の食事以外から積極的に取り入れることをおすすめします。
バランスの摂れた食生活には、厚生労働省・農林水産省が共同で掲げている『食事バランスガイド』を参考にすると良いでしょう。

たんぱく質や炭水化物、食物繊維など5大栄養素のうちで、バランスを考慮して、日頃不足しがちな栄養素、病気や疾患の予防となる栄養素を取り入れたり、ビタミンやミネラルなど抗酸化作用の高い製品を取り入れていきます。
「スーパーフード」のオススメの食べ方は商品により異なりますが、日頃のメニューやドリンク、デザートにトッピングする、また、プロテインや食物繊維などが豊富な食材については、忙しいときの朝食やダイエット時、スポーツ前などにもおすすめです。
このように、手軽にかつ継続的に摂取することでその効果を高めていきます。

また、継続摂取において、健康に害があるかなどが気になる場合や環境意識の高い方では、オーガニック製品を選ぶなども良いでしょう。(「スーパーフー ド」=オーガニック とは限りません。)
食品において、ある一定の基準を満たしているものは各国オーガニック認証ならびに有機JAS認証が貼られているものもあるので、それを参考にすることができます。
このように、自分にあった商品を是非見つけてみてください。

“スーパーフード”の多様性と今後。注目商品はこれだ!

1 2 3次のページ
JIJICOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会