体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【ガジェ通秋葉原制覇】秋葉原の昭和遺産!第2東ビルの双璧に挑む! @『町役場』

machi-hitei023_R

業界ナンバーワンの秋葉原ヂカラを発揮して華麗に秋葉原を制覇する、ガジェット通信の“秋葉原制覇”ですが、ついに魔王が住まう塔(ビルとも言う)を発見しました。

第一発見者である筆者(YELLOW)としては、ここは是非とも全精力をかけて攻略したい所存で御座います。

第2東ビル地下街はダンジョン説浮上

machi-hitei000_R

昭和のまま時を止めたビルの地下街は、さして広くはありませんがダンジョンとしてのレベルは高めで御座います。

machi-hitei001_R

その中でも『町役場』と『村役場』の双璧は圧倒的なコスパを誇り、平成となった今現在でも昭和スタイルのまま絶賛営業中なのです。

machi-hitei002_R

というわけで、昭和を知らない平成生まれ共は、とりあえず社会見学の一環として両店で定食を食べるべき案件ですので、今すぐ向かって下さい。

『町役場』の魅力的なメニューの数々!

machi-hitei004_R

無論、今更オッサン世代の賛美歌を聴かせるつもりは毛頭ありません。無理して理解して頂かなくても結構で御座います。

しかし!

今時のチェーン店で、これら東ビルの双璧に対抗出来るランチがあるでしょうか?

まあ、サイゼ辺りはいい勝負をしそうな予感ですが、勝つ事は出来ないと思います(色々な意味で)。

machi-hitei005_R

このような店を昭和世代だけで終わらせるのは非常に惜しいと思うので、新しい勇者が秋葉原には必要なのです。来たれ若人!

『日替わりランチ』を所望する!

machi-hitei012_R

「若者よ、これが昭和の世界観だ!」

日本が一番盛り上がっていた時代、オッサン達はこの様な居酒屋で毎晩の様に宴を繰り広げバブル期をエンジョイしていたのです。

machi-hitei006_R

そこには“店員呼び出しボタン”などと言うチャチなモノは存在せず、自ら忙しく働く店員に声を掛けると言う社会性を求められる場でもあるのです。

1 2 3次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。