ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

クマの原因は寝不足だけじゃなかった!色素沈着からの「茶クマ」に要注意

DATE:
  • ガジェット通信を≫


鏡を見るとなんだか目の下にクマができているけど、思い当たる節がない…!とお悩みの方はいませんか?実はクマと一概に言っても3種類に分けられます。原因は違うところにあるかもしれません。

3種類のクマとは?

お肌は調子が良くても、目の下にどんよりクマがあるだけで一気にお老け顔に見えてしまいますよね。一般的にクマというと、睡眠不足?血行不良?など体の疲れからくるものが多いイメージだと思います。

しかし、クマができるのには3つの原因があったのです。具体的に見ていきましょう。


《青クマ》
→こちらがいわゆる血行不良からくるクマで、一番メジャーなものだと思います。顔の中でも目の周りは皮膚が薄いために、目の周りだけが浮き出てしまうんですよね。

解決策としてはマッサージや血行促進の作用があるビタミンEなども◎。仕事を溜め込んでしまってストレスになっているなら、少し休養をとりましょう。

《黒クマ》
→こちらは年齢を重ねることでできるクマです。別名たるみクマとも言い、目の下がぷっくりと下がってきてしまう状態。

ハリや弾力などが失われてくると徐々に目立ってしまうので、日頃からのアイクリームなどエイジレスを心がけましょう。

《茶クマ》
→そして今回のテーマがこちら。なんだか目の下が茶色くなってしまうことで、クマに見えるというもの。

原因が意外と盲点の「アイメイク」からの色素沈着が多く、普段ウォータープルーフなどの濃いメイクをしているならなおさら気をつけたい所です。

メイクの残りが原因に!

分類がわかったところで、もう少し詳しく「茶クマ」について考えてみたいと思います。

《こんな方は要注意!》
・メイクは濃い方だ
・アイメイク重点型
・目をこする癖がある
・疲れてメイクオフせずに寝ることが多い


上記で申し上げた通り、特に「目」を重点的にメイクアップしている方は気をつけたいポイントです。つけまつげのノリによるかゆみで目をこすってしまう癖をお持ちの方や、メイクを落とさずに寝ちゃう方は、自分が気付かないうちに色素沈着している可能性も。しっかりとオフするように心がけましょう!

最後に

毎日の習慣の積み重ねが、思わぬクマを引き起こしているかもしれません。「あれ?たくさん寝ているのにクマが消えない…!」と思ったら、色素沈着を疑ってみてくださいね!

Photo by fotolia

関連記事リンク(外部サイト)

細くならない太ももをなんとかしたい!「太ももやせ特化トレーニング」
食べることでダイエット!幸せ美人になれる朝食とは?
どんより憂鬱。生理前(黄体期)の過ごし方と対処法4つ!
白髪の原因は身近な食べ物だった!?○○○断ちで髪の艶を取り戻す
【レシピつき】この夏は「えのきダイエット」でポッコリお腹解消!!

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
美LAB.の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP