体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

日本にない楽しみ方も!シンガポールのユニバーサルスタジオを紹介

日本にない楽しみ方も!シンガポールのユニバーサルスタジオを紹介
 Photo Credit: HAL8999「シンガポールで童心に返る」

Photo Credit: HAL8999「シンガポールで童心に返る

皆さん、こんにちは! Compathy Magazineライターの眞田舞です。
小さい頃はもちろんのこと、大人になってから行っても楽しいアミューズメントパーク。季節ごとに様々なイベントを行っていて、いつ行っても新鮮な気持ちで楽しむことができます。

さて、いま日本でよく話題に上がるアミューズメントパークといえば、ハリーポッターの世界などを楽しめるユニバーサルスタジオ・ジャパンだと思います。アメリカが本場のユニバーサルスタジオですが、アジアではシンガポールにもあり、とても人気のあるスポットなんです!

今回はユニバーサルスタジオ・シンガポール(USS)について、基本情報とおすすめポイントをご紹介します。

基本情報

ユニバーサルスタジオ・シンガポール(以下USS)は、 2010年にアジアで2つ目、東南アジアでは初となるユニバーサルスタジオとしてオープンしました。観光施設が集まるセントーサ島に位置しており、最寄り駅はセントーサモノレールのウォータフロント駅になります。駅を降りてすぐに有名なユニバーサルスタジオの地球儀があるので、迷うことはありません。

開園 時刻は基本的には一年を通して午前10:00ですが、閉園時刻とは季節や曜日によって午後6:00~8:00と変わります。
Photo Credit: Kasumi Jou「【セントーサ島】ピンクイルカ・カジノ・ビーチ…アクティブに満喫する3泊4日」

Photo Credit: Kasumi Jou「【セントーサ島】ピンクイルカ・カジノ・ビーチ…アクティブに満喫する3泊4日」

7つのテーマエリア

USSは以下、7つのテーマエリアに分かれています。

Madagascar マダガスカル・エリア
Far Far Away(遠い遠い国・エリア)
The Lost World(ロストワールド・エリア)
Ancient Egypt (古代エジプト・エリア)
SCI-FI City (SCI-FIシティ・エリア)
New York(ニューヨーク・エリア)
Holly Wood(ハリウッド・エリア)
Photo Credit: HAL8999「シンガポールで童心に返る」

Photo Credit: HAL8999「シンガポールで童心に返る

本場アメリカや日本に比べると、全体面積や小さくアトラクションの数も少ないのが難点ですが、半日でパーク内を堪能することができるので、残りの半日をセントーサ島の他のアミューズメントパークで過ごすこともできます。

1 2次のページ
Compathyマガジンの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。