ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「九条の会」の逞しき商魂 右派は寄付のみで物販の発想なし

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 参院選挙の投票日を約一ヶ月後に控えた6月6日の夜、若手保守論客・古谷経衡氏が足を運んだのは、『九条の会 東京2016 in中野』の会場(東京都中野区の「中野ZERO」)。革新系文化人らを筆頭に、9条護憲を唱えるリベラル系市民運動の総本山が「九条の会」だ。そこで、古谷氏はある発見をしたという。

 * * *
 私はこれまで、右派の集会に数えきれないほど足を運んできた。そこから毎度感じるに、革新左派のこの手の決起集会・大集会の類は右派のそれとは比較にならぬほど洗練・組織化されているのを感じる。

 登壇者はことあるごとに、スピーチの終わりにカンパを呼びかけ、また自著出版物の購買を叫ぶ。仰天したのは登壇者の高校生の「沖縄平和学習旅行」の旅費までもカンパで募ろうという呼びかけであった。

 しかしそれに呼応するカンパシステムはよく整備されており、入場料1500円(当日)のほかに、各所にカンパ箱、カンパ便箋が用意され、入場者の義侠心をくすぐる設計となっている。

 特筆すべきなのは会場前のホールで展開される物販コーナー。新日本出版社など、日共系出版物を専門に扱う移動書店が特別出店する。聞くと店舗を一切持たぬ出張専門の業態。これだと小在庫を経営者宅の一室に保管すればよく、店舗維持費用は必要ない。

 大型書店すら撤退が相次ぐ中、ニッチな革新集会専門の書籍販売にはまだまだ未来がある。

 上杉聰著の『日本会議とは何か「憲法改正」に突き進むカルト集団』(合同出版)が平積みにされていたので、いま話題の菅野完著『日本会議の研究』(扶桑社新書)はないのか、と聞くと、扱いなし、という。扶桑社はフジサンケイグループの一員。産経・正論の利にいささかでも与しない、という魂胆なのかどうかは不明だ。

 彼らの商魂は逞しい、の一言である。紙芝居“「戦争する国」にさせてたまるか!”は、ヒトラーと安倍が並列して描かれるポンチ絵のセットであるが、売価2500円也。原価はせいぜい500円~800円といったところだろうか。記念購入する。『原爆の図』で著名な美術家・丸木夫妻による「丸木美術館」の絵画をはめ込んだ小判型マグネットは一個500円也。

 全17種類全部を買うから少しまけてくれ、と売り子に頼んだが「(丸木美術館に)ライセンス料を払っているから」と拒否され、代わりに「アベ政治を許さない」の缶バッジとうちわをオマケしてくれた。締めて8500円也。

 老女が「廃炉招福」「(安保法)廃案成就」「一票一揆」なる文言が入ったお札シールを1枚100円で売っていたので、全5種類500円分をくれと言った。千円札を出すと「残りは寄付で良いよね」などと言われ、釣銭を半ば強制的に没収される。天晴れというほかない商魂の逞しさに舌を巻く。こちらも原価1枚20円未満といったところか。

 右派にはこういった商魂がない。独自の草の根全国団体や、日共に類する戦前からの政党組織を持ちえないという歴史の浅さも関与しているが、やはりセンスがないと思う。

 右派が「憲法改正」を叫ぶ大決起集会では、受付にささやかな寄付箱があるだけで、物販をしようという発想に乏しい。金銭授受はなるべく目立たぬように、という配慮すらある。商魂を見せるのは卑しい、とでも思い込んでいるのだろうか。「商」を一等下に見る、年功序列の旧態依然とした貴族的儒教精神が見え隠れする。

 いわゆる「田母神問題」で政治資金をめぐる疑惑が立件へと動くと、ますます右派は金銭に敏感になっているような気がする。しかしこれでは発展がない。革新の商魂やセンスを見習うべきだろう。彼らはSEALDsを含めて、その組織動員、収益構造という意味で、右派にはるかに先行している。

 今回、「九条の会」で展開された主張には首をかしげざるを得ない部分も多かったが、少なくとも組織力において、右派運動の後進性を痛感した次第だ。さて次なる熱狂の地はいずこか。

●ふるや・つねひら/1982年北海道生まれ。立命館大学文学部卒業。主な著書に『愛国ってなんだ 民族・郷土・戦争』『左翼も右翼もウソばかり』。近著に『ヒトラーはなぜ猫が嫌いだったのか』。

※SAPIO2016年8月号

【関連記事】
山本モナ、三船美佳、遠野なぎこが「女子旅」について語り合う
6万人集会での大江健三郎氏「原発はいらない!」とにっこり
自分に才能あると信じる人から金巻き上げる自費出版暴露小説

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。